事業 承継 税制。 事業承継税制・事業承継金融支援/京都府ホームページ

さらにもっとも大きなデメリットとして、納税猶予の取消リスクがあります。

特に、適用を受けられないと言われた場合などでも、要件を精査することで適用が可能な場合もあります。 また、特例措置の適用を受ける場合は、2018年1月1日から2027年12月31日までの間に、非上場株式等の贈与を受けなければなりません。 【参考】 会社要件 相続税の納税猶予制度・免除制度と同様です。 免除される場合 先代経営者または後継者が死亡すると、猶予されていた贈与税は免除されます。 ) 納税猶予の適用を受けた自社株式をM&Aにより売却した場合の取扱い 原則 ・猶予されていた税額は自社株式を売却した後、2月以内に納付しなければなりません。 経営承継期間 5年 の経過後に破産手続開始の決定などがある• 事業承継税制によって贈与税の納税猶予・免除を受けるまでと受けた後の流れ まず、 事業承継税制によって贈与税の納税猶予・免除を受けるまでと受けた後の流れは次の図のようになります(国税庁「非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予・免除(事業承継税制)のあらまし」から引用)。 具体的には、下記の手続きが最低限必要です。 主な改正内容については、以下のとおりです。 納税猶予・免除制度の申請手続き 相続税の納税猶予・免除制度と同様に、都道府県や税務署に対して申請手続きが必要です。
68 60