お 気遣い ありがとう ござい ます。 相手の気遣いに対する感謝を表す「ご心配ありがとうございます」|正しい用法をご紹介

その時に「もししんどくなれば」とさりげなく 椅子を用意したり、医務室などがあれば場所を案内してあげたりすると良いでしょう。

・納品の件、お気遣いいただき申し訳ありませんでした。

おかげさまで、大変助かりました。

また、依頼の際に潤滑油的な使い方をします。

前者の方がカジュアル、後者の方がフォーマルな表現なので、相手によって使い分けることもできます。

81 64
「気遣い」はあれこれと気を遣う、神経を使うことを指します
「ご配慮」は目上の方に使う言葉ですが、「配慮」は自分が気を配るときにも使用できます 意外と意識していないと、会話から色々と別の事を考えたりして聞いていないものです
「お気遣いありがとうございます」の例文 以下で 「お気遣いありがとうございます」の例文をいくつか見ていきましょう <例文> ・「これもひとえに、貴社のご高配の賜物と心より感謝申し上げます」 ・「日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 2. 「情報が漏れる気遣いはない」 【参考】デジタル大辞泉 そもそも「気遣い」に尊敬を表す「お」を付けた「お気遣い」は、相手が自分に気を使ってくれることや、配慮してくれることを示す言葉です
祝儀、心付け です メールでも報告書や企画書などの堅い文書では、「お気遣いいただき」のような訓読みをする言葉は、適切ではないので使用は控えます
違いを理解し、適切に使い分けることで、正しく「ありがとう」の気持ちを伝えましょう 顔が見えない相手だからこそ、細かな気遣いに対するお礼は忘れずに伝えたいですね
82