トーマス ハーンズ。 ハーンズさん判定を盗まれる…シュガー・レイ・レナードvs.トーマス・ハーンズ2

日本のボクシングはそれが鉄則だから この右が「ラスベガス恐怖の一撃」と語られる
選手、関係者が「あの選手の、あの試合の、あの一撃」をセレクトし、語ります その後3度防衛、3度目の防衛戦はで開催されに序盤KO勝ち
一度ならず二度も格下と思われた選手に負けてしまったことで、これ以降のハーンズの商品価値は著しく下がり、なかなか名のあるプロモーターから声が掛からないのが現状だった ボクシング [6月7日 13:11]• ハーンズは身長185センチ、リーチ203センチ
そして右ストレートを打ち込むとハーンズはふらついてハーンズを連打を見舞うとハーンズはロープに突っ込むダウン!しかしこれはスリップの裁定! ふらふらのハーンズはなんとか耐えるが終盤にはロープに詰まってもたれかかるとダウンを宣告される! 14ラウンド ハーンズは足を使ってジャブをついて逃げ切りを図っている 僕がよく口にする8割の便乗型の方でしょう
採点の難しい試合ながら、ジャッジは115-113、118-110、113-115の2-1でレナードを支持した を拠点にしていた往年のスターボクサーを回顧しようと思ったきっかけは、の・ウィリアムソンを観たこと
96
でも、続けました 今回注目するのは以下の3点です
最近では井上尚弥の活躍で、昔の選手、業界を軽視する語彙を ネットのコメントなどで目にします 3月10日の再起戦で、(WBC世界ミドル級1位にランクされハグラーへのを有していた22戦全勝)ジェームス・シュラーを1RKOと健在をアピール
金メダル• (享栄)高校でもうボクシングをやってたんだけど、震え上がるような右ストレートだった 2013年6月5日閲覧
- (英語) 前王者 世界王者 1980年8月2日 - 1981年9月16日 次王者 前王者 世界王者 1982年12月3日 - 1986年(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 1987年3月7日 - 1987年(返上) 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル保持者 世界王者 1987年10月29日 - 1988年6月6日 次王者 前王者 世界王者 1988年11月4日 - 1991年(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 1991年6月1日 - 1992年3月20日 次王者. (50代). レナードは前に来る時にジャブを合わせてこれはうまい さらにジャブをついてきて行ってあの間合いをキープ
(50代) 目まぐるしく変わる攻守、高度なテクニックを持ち合わせた両者のスペクタクルな戦いは、ボクシングの面白さを私に教えてくれました 第1Rから両者の間で激しくパンチが交錯する
そしてとにかく間合いを取りこのラウンドはよく動けている 左目下を大きく腫らしたレナードが両手を高々と突き上げた
中盤にはワンツーの右を当てて顔を弾いてくる やがて彼は、アマチュアの大会で優勝を飾るまでに成長し、77年、プロに転向する
近年ハーンズのスタッフの撮影による7戦目のレイフィールズ戦の発掘がされている レナードは会見を開き元妻の告発が事実であることを認め、引退をした1982年から1986年までコカインを使用していたと告白した
ここは何とか立ち上がったが、14回にレナードがラッシュしたところで主審が試合をストップ 当時の韓国は日本に対する敵対心が凄く、そしてレベルも 日本よりも高かったと思います
9ラウンド レナードは前に出てきてジャブをついて出てくる 1980年11月25日、ロベルト・デュランと再戦し、9回TKO勝ちで王座を奪回