ハイパーリーグ 編成。 【ポケモンGO】ハイパーリーグのおすすめパーティの技構成や使い方

さらに1体しかいないプロテクターを初手に配置、カウンターポケモンを2番手、3番手に配置します(セーフチームではカウンターポケモンを初手)。

ギラティナ(アナザー)は、初手・裏どちらも同程度。 41
ドクロッグ• ラグラージ• miyaviさん、こんにちは カイリキー• 交代先のニョロトノ だし負けからの交代先にはニョロトノを採用
相手の メルメタルを対策したい場合はギャラドスをシャドークロー型の ギラティナ アナザー にする選択肢もある ラグラージは2位に後退するもと登場回数はかなり多いため、上位2種類が群を抜いて多い、偏った形になりました
しかしそのような圧倒的な存在がいると対策を考えやすくなります ゲンガー:シャドークロー、シャドーボール、シャドーパンチ• フワライド• 他2体が高耐久なため、シールドはなるべくズルズキンに残す立ち回りを取ろう
ポケモンGOの対戦関連記事. フリーザー• ラグラージは初手に偏っています スイクン• フリーザー• 私は2シーズン前にSCPの高い伝説3体 某攻略サイトを参考にした で臨み、レートを300ほどあげました
HPが高く耐久寄りのポケモン また、環境にあくタイプが増加していることからゲージ技にはマジカルシャインを採用した
ラグラージはクレセリアに倒されてしまうものの、ニャイキングでクレセリアを起点にすることでフェアリー・エスパーがいない盤面を作り出せる ただ、私はプレミアなので参考にはならないかもしれません
フリーザー:こおりのつぶて、こごえるかぜ、ぼうふう セーフチーム2相性 セーフチーム3• 通常技はゲージの貯まりやすさを意識して「こなゆき」を採用 レジスチル• クレセリア• トッププレイヤーの層は人数が少なく、独特の環境が形成されているようです( さん検証ありがとうございました!)