阪急 京都 線。 阪急1600系電車

新設当時は下旬 - 上旬と下旬 - 11月下旬の土曜・休日といったように比較的多くの日で運転されていたが、年々運転日が減少し、運転最終年となった2006年は4・5月上旬と11月下旬のみで、合わせて年10日以下となっていた。 快速特急A [ ] 2019年1月19日のダイヤ改正で、それまで後述の「快速特急」に使用されていた「」で運行する列車として新設された。 しかしこの区間はあくまでも名義上は宝塚線。 途中ので自社のと交差しており、両路線は頻繁に直通運転を行っている。 (大正8年):北大阪電気鉄道が十三 - 淡路間の免許を取得。 (平成9年):以下の内容でダイヤ改正を実施。 乗換路線 乗換路線はありません• :天神橋駅 - 京都西院駅間にを運転開始。 ・阪急京都線1の2度目のリメイク! Version3では大幅な区間追加を実現。
上り列車は通常の準急の場合高槻市で特急を待避するが、この快速は長岡天神駅での特急待避となる レイル・ストーリー6、ただいま発車いたします
朝晩には特急・快速急行への送り込み運用として、も千里線に直通しない列車に限って使用されている 運行開始以来、全列車がクロスシート車で運行されたが、2019年1月のダイヤ改正より夜2往復が女性専用車両を設定しないロングシート車での運用に変更された
(平成15年)• 朝には、「特急」は運転されず「通勤特急」が1997年までと同じ停車駅(十三駅・高槻市駅・大宮駅・烏丸駅)で再び設定され、15分間隔で運転された 緊張感ある運転を楽しめます
電車運転ゲーム「トレイン趣味 阪急京都線1」 トレイン趣味 阪急京都線1 Ver3. 廃止直前の運行形態は、約15分間隔で、梅田発20時以降は30分間隔だった 【注記】起動する前に、負荷のかかるアプリケーションは全て終了してください
には、名神高速道路の片側4車線化・トンネル増設などの改良工事も行われ、天王山付近の渋滞が緩和されるなど、京阪間の道路事情も改善されたため、通勤以外のビジネス利用を中心に、マイカーへの転移も見られるようになった また、7300系、8300系の中には両形式を併結して8両編成を組成している場合もある
:梅田駅を大阪梅田駅に、河原町駅を京都河原町駅にそれぞれ改称 該当編成のドアの横にはステッカーが貼られていた
表示しないようにするには、ダウンロードしたzipファイルを右クリック-プロパティで全般タブを選択し、セキュリティの 「許可する」チェックボックスをONにしてから展開するようにしてください (平成22年)• 淡路駅で大阪梅田駅発着の列車と堺筋線直通列車と相互接続を図っており、乗車駅で直通列車に乗車できなくても、淡路駅での相互接続で目的の方向へ行けるように便宜が図られている
その後1969年12月5日までは梅田駅発着の列車が設定されていた早朝・深夜を除き 、十三駅発着列車と、淡路駅で梅田駅発着の千里線直通普通に接続する天神橋駅発着列車が交互に運転されていた 主制御器は多段電動カム軸式の東洋電機製造ES-559が搭載された
新線計画 [ ] 詳細は「」を参照 戦後、京都本線の輸送増強と新幹線駅であるへのアクセス路線として、1961年12月26日に淡路駅 - 新大阪駅 - 十三駅間4. ATSにより自動的にブレーキがかかった場合、 1秒につき5点の割合で減点します ほぼ全ての列車でクロスシート車の9300系が使用され、特急と同様、大阪方面から5両目に女性専用車両が設定されるが、夜の2往復及び9300系が故障または検査時は1300系・8300系・7300系で運転する
それも梅田駅移転工事の完成した1973年11月23日改正でほぼ全列車が千里線直通普通と同様に梅田駅発着に延長され、十三駅発着の普通は当時学生の帰宅時間向けに設定されていた平日午後や土曜正午前後に運転されていた茨木市駅・淡路駅などを発着とする不定期の普通や、わずかに残った京都本線の定期普通など、ごく少数のみとなり、それらも1976年9月22日までに廃止されたため(廃止直後に十三駅7号線を廃止)、現在は十三駅発着の列車は設定されていない 先行列車を追う運転もお楽しみくください
乗換路線 乗換路線はありません• 通常、上り急行は高槻市駅で特急を待避するが、この列車は待避せずにそのまま逃げ切り河原町駅まで先着するダイヤであった 十三駅発着の普通列車を一部を除き梅田駅発着に延長する
8300系による京都河原町行き快速急行(2020年3月27日) 快速 [ ] 2010年3月14日のダイヤ改正から定期列車として設定された 2001年にそれまでの行楽期の臨時急行列車「嵯峨野エクスプレス」に代わる行楽期の臨時特急列車として新設されることが発表され、3月24日に春の「臨時特急」として運行を開始
特急・通勤特急をはじめとする京都線全種別で対応しており、女性専用車両の案内にも対応 日中の準急の半数が天下茶屋発着の堺筋準急となる
後述のも同様である 原則、大阪梅田駅 - 淡路駅間では北千里駅発着系統と高槻市駅(時間帯によってはそれ以東へ直通する列車も)発着系統を、淡路駅 - 高槻市駅間では大阪梅田駅発着系統と堺筋線天下茶屋駅発着系統をそれぞれ、半数ずつ交互に運転している
千里線とは運用面で一体化されており、また歴史的経緯からも開業以来一体で運営されてきたものであるため、千里線の運用も本項に併せて記載する 終戦直後から存在する種別であったが、2001年改正を境に大きく見直しが行われた
車両は8両編成で統一されていたが、平日朝6時41分 - 7時41分に河原町駅を発車する5本は10両で運転された 1950年に不定期直通特急列車として運転を開始
72