楽市 楽座 織田 信長。 【第4回】市場で争う戦国武将達 ~信長の市場振興~(後編)

株仲間や御用商人に 流通を任せ上納金を取る形式を採用。

そして、日本で最初に天守(城の中央にあるやぐら)をもつ城でもありました。

「本能寺の変」が起こった際、もしも道中に関所があれば、明智光秀軍の接近を織田信長に報せて逃亡する時間を稼げたのではないかと指摘する声もあるのです。

そして 見事鉄砲をうまく駆使した信長は武田騎馬軍を木端微塵にしてしまうのでした。

いずれも平城であり、それぞれが交通の要衝にある。

また同時に、領民を奪われる近隣大名の弱体化も意味します。

important;padding-left:0;height:0;li. これは楽市場での交通の自由や種々の特権を認めたものであった。

当時は特権を持っていた貴族・豪商・寺社などの宗教団体が「座」というグループを作り、税金を納めさせる独占的支配で商いをしていました。

・一部の人達 「座」の人達 で独占していたものを解放した。

77 33