やました ひでこ。 やましたひでこさんって何者?

セミナーを開始したのが2001年なので、その道10年以上のプロフェッショナルダンシャリアンということになります。 だから、全部出すということはとても大事。 やましたさんは東京と行き来しながら、指宿では原稿執筆、講座も開く。 なお、お子さんはいらっしゃらないようですね。 また、メルマガを楽しみにしています。 どこまで減らしたら居心地がよくなるかは、自分の思考・感覚・感性を総動員して感じとるものなのです。 自然も食べ物も豊かで、そのお裾分けをいただいている」と満足そうだ。 田崎 2010• ただ物を捨てるだけではなく、その物に対する執着から抜け出すことで、自分自身が背負っている重荷から解放され身軽で快適な人生を手に入れようという教えです。
39
忘れてしまったモノがいっぱい出てくる。 「食器」の断捨離 この3つは、 実は初心者が断捨離をスタートさせるのにおススメの順番だそうです。 したいことがあったのです。 ガソリンを入れているだけでクルマは走りますか? ガソリンを消費して、クルマを走らせなければ目的地にはいけません。 新しいものを手に入れたいなら、まず何かを手放すこと ・執着心は、クローゼットに現れる ・断捨離の基本は、断=なだれ込むモノを「断」つ、捨=いらないモノを「捨」てる、「離」=「断」と「捨」を繰り返し、モノへの執着から「離」れること 第3回は、2010年流行語にノミネートされ、現在では世界中に知られるようになった「断捨離』という言葉。

断捨離というのは、モノだけではなく、人間関係なども含めた広い概念ということで、やましたひでこさんは離婚、卒婚に関する考え方や行動についても発信なさっています。

そうやって自分軸を確立した人が、ちゃんとした恋愛ができるわけ。

無用な物を1つ捨てると、1つ空間ができる。

『節約しなきゃ』ととらわれている人は、一度たっぷりのお湯のお風呂に浸かってみたらいいですよ。

そして、2001年よりクラターコンサルタントとして断捨離セミナーを全国で開始。

参考になれば幸いです。

しかし、断捨離をすることによって敵視していた母親を許すことができました。

94