吉本 大崎会長。 【吉本興業】大崎会長、宮迫博之の復帰について 「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や」

大崎会長の記事を読んでか、今田耕司さんや月亭方正さんが関西ローカルの番組『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)内で戸惑いを見せてましたが、実際、宮迫さんに対する大崎会長の怒りが初めて活字となって世に出たので、吉本内にも戦慄が走ったのは事実。

昨年末をもって『オリエンタルラジオ』中田敦彦 38 と藤森慎吾 37 が、1月30日には『キングコング』西野亮廣 あきひろ 40 が退所。

5年後、10年後もサロン運営で食っていけるのかという心配は少しあるけど、自分で頑張るやろ。

1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 引用: 上記の経歴には未記載ですが、現在の吉本社長は岡本昭彦氏で、大崎氏は会長になっています。

サロン以外の舞台や漫才やテレビやなんかは(今後も吉本に)お世話になりたいんですって、長文でワーって。

今回の闇営業の件を受け、公正取引委員会が契約作成し明確にすることを発言しているので、芸人の取り分が1割で吉本興業が9割ということはなくなるのではないかと思われますが、以前は本当にあったようです。

例の闇営業問題で大崎洋会長の進退話になった時も、 「(大崎洋会長の退任は)僕は全力で止めます。

スターが移籍したら、古巣と新しい事務所間の関係も悪化する。

実際のところ、どうなのかはわからないが、ある程度の苦労は覚悟しなければならないようだ。

関西大学といえば、近畿地方では難関私立大学として有名ですね。