ダウン症ブログランキング。 〈奥山佳恵さんの子育て日記〉9・ダウン症の孫を受け入れられなかった義父と、お別れの前に

書いたのは半年前ですが、2017年12月現在でも感想は特に変わっていません 先日最終回を迎えたドラマ『コウノドリ』の出生前診断の話を扱った回の感想記事が20位にランクイン
と言われました 111• 196• 134• 10位 ダウン症児の将来はどうなっていく? 優の今後の進路を考えてみる 小学3,4年生時に中学の進路、小学5,6年生時に高校(もしくは就職)の進路を決めなければいけないと学校の先生から伺って、優の今後の進路を考えてみた記事です
うちの子、できないことだらけでも、私たち夫婦にとっての宝物なの 親切心で言ってくれた言葉だろうけど、大切に思っているわが子を全否定された
もし分かっていたら、私はどうしていたんだろ…… 特に沖縄のキレイな海と夕日を見ながらの部屋での夕飯は格別でした
自分はITの世界にもいるので、母のようにまったくITに疎い人の感想を聞くのはとても新鮮でした スポンサーリンク. 2%は障害者を雇用することを義務付けられている 令和2年3月現在
妊娠7ヶ月の時、水頭症で分かりました 226• でも去年、ついにお義父さんからハッキリと言われたんです
22

障害や疾患を持って産まれてくる赤ちゃんの割合は、になるほど高くなると言われています。

次は、私自身が高齢になって障害者本人になるのかな?」 生後1週間ごろの佑哉君。

ハワイ、一度は行ってみたいものです。

お義父さんが生まれ育った家庭環境は「学力の高さがすべて」。

1歳なる頃障害がわかり…下を向きっぱなしで笑う事も話す事もできませんでした。

95

146• ちゃんと普通の子と変わらず先生は面倒をみてくれています。

妹が結婚した時は嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

ありがたいことに大きな病気をせず育ってくれています。

この子に会うことができたと心からおもいます。

妹の子供も障害をもっていて…話せません。

住んでいる場所が遠すぎて会える頻度も少ないから、良さも悪さも含めて次男を丸ごと知る機会がない。

装具を着けて歩けるレベルかもしれない。