巨人 ドラフト 1 位 拒否。 巨人ドラフト1位を拒否した小林秀一が巨額の契約金と名誉を拒否した驚きの理由【消えた天才】

プロ野球 [7月15日 21:35]• ですが、現在ではプロアマ規定は緩和されています。

その後いくつかのチームを渡り歩き、アメリカの独立リーグでプレイをした後に引退します。

翌90年に巨人からドラフト1位で指名されて入団する。

愛知大学リーグでは、1973年春季リーグ で8勝を挙げ、チーム10季ぶりの優勝に 貢献し、最優秀選手に選ばれた。

10月3日の高校生ドラフトで指名された際は西武涌井との対戦を望むコメントも寄せていたが、この1カ月で気持ちの変化が起きていた。

他に目立つ選手は第12回ドラフト会議(1976年11月19日)でロッテ(現千葉ロッテ)の1位指名を拒否し、2年後に西武1位指名で入団した 森繁和投手 (通算成績344試合57勝62敗82S)と、第14回ドラフト会議(1978年11月21日)で広島の指名を拒否し、翌年日本ハムに入団し、新人でいきなり22勝をマークしMVPや新人王などタイトルを独占した 木田勇投手 (通算成績273試合60勝71敗6S)の2人くらいです。

親元を離れ、寮生活をしながら野球に取り組んだ。

33

野球オンリーではない生き方を自分は選んだはずだ。

89年のドラフトで巨人入りを熱望するが、巨人は大森剛を1位指名。

準決勝に進むがに敗れた。

との決勝は、逆転を許した9回にリリーフで登板するが敗退、準優勝にとどまる。

同年のにも選出された。

今も野球をしているのでしょうか。

先日、今年のドラフトの目玉であった寺原隼人投手(日南学園高)が、無事福岡ダイエーに入団することが決まりました。

最後に 今回は、巨人からドラフト1位指名をされたにもかかわらず、それを拒否した小林秀一さんについて、調べてみました。

1年時はであったが後にに転向する。

菅野選手は入団を拒否し、一年浪人をし翌年のドラフト会議で巨人へ入団しました。

1