東日本 大震災 震源。 【図解・社会】東日本大震災・震源域と余震分布(2011年3月13日):時事ドットコム

平野が広がっていたため数キロメートル内陸まで浸水し、甚大な被害を受けた。 」と発言しています。 家の備蓄や非常用持ち出し袋の中身を見直し、改めてしっかりと対策を取りましょう。 発生から3秒間は浅い(約25 km)海溝側で、3月9日に発生したよりも小さい、緩やかな初期破壊。 : 沖(の東南東約130 km付近、北緯38度6分12. また、や約100万年前に日本海溝から北米プレート下に沈み込んだが関与している可能性も指摘されている。 の各インターチェンジに設置されたで震度6強相当以上を観測したのも、宮城県6地点と福島県6地点に次いで茨城県3地点であり、その中でも最大震度を観測したのはであった。 万が一への備えが減災につながる この記事では、東日本大震災の前震・本震・余震についての解説と、大規模地震に対する備えについて説明しました。 「 Tohoku - Pacific Ocean Earthquake」 - 、、、など。 このほかにも宮城県、福島県、茨城県、栃木県の一部で震度6強を観測するなど、震源域が広かったことから強震が広範囲にわたった。
68 26