山岡 俊介。 安倍首相が逮捕に怯える、河井夫婦公選法違反事件の闇(1・5億円の一部が還流!?)|アクセスジャーナル

5つづく 念のためこいつが貼り付けてるこいつ自身のブログ記事を見てみたが、やはり「目撃証言」らしきものはなにも書いてなかった。 私は佐藤さんが生き残ることを信じます。 開始から3時間以内に終わらせる予定でありますので、皆さま奮ってご観戦にお越し下さいませ。 ところで、この6階建てビルは、地元事情通によれば山中(李)大康氏が「 合田一家」の5代目総長を務めていた(1987年~93年)一時期、ここが本家になっていたという。 一方、「」 佐藤昇は、東証一部上場企業とは、社会的に公の責務を担っている企業であることから、その実像への世間の関心度は高く、その代表取締役のM資金申込の真相は、公共の利害に関する事実であり、その真相を世間に周知させることは、 公益を図り、社会の利益に繋がっていくという考えに基づいて、取材で入手した一次情報を報道している。