エージェント オブ シールド 6 ネタバレ。 エージェント・オブ・シールド シーズン6/第1話 欠けたピース(ネタバレ感想など)

そこに現れたのはコールソンとまったく同じ姿をしたサージという男で、彼は、パックス、ジャコ、スノーフレークという仲間たちを引き連れて行動していたが、彼らの目的は謎に包まれていた。 そういった効果もありました。 この頃フィッツの設計で、人工重力などを装備したゼファーワンはシールド初の宇宙船として生まれ変わり、デイジーとメイはコールソンとタルボットを助けるため、クォヴァスの宇宙船へ向かう。 そういえば、メイがコールソンの傷を見ながら、自分も同じような経験をした口ぶりで話していました。 自身も「インヒューマンズ」と知ったスカイは、父に知らされた本名デイジーと名乗るようになり、各地で「インヒューマンズ」を捜すが・・・。
2020年時点で39歳
そんな中コールソンたちは、数週間前からミズーリ州セントルイスの研究所から上空へ光が発っせられていることをノアから教えられる ・レイナたちのコールソン誘拐の目的
フィッツ&シモンズ、ディークはアイゼルに乗り移られない方法を考え付いておりました 元の時系列のコーラは1980年代に自殺しています
モジュールのギャンブル場、小さなドーム売春宿など足がかりに文字通り素手でキットソンシティを切り開いていった エイダを弔う博士に、新しいエイダが話しかける
サージは剣でアイゼルを殺そうとするが思いとどまり、代わりにメイを刺しメイを扉の中に放り投げる 11話からここまでの整理をすると ・クレアボヤントはギャレットだった
80