川岸 良兼。 【伝説の名勝負。ヒーローの足跡】東ノ宮カントリークラブ。豪打の川岸良兼が難コースをねじ伏せる。1990年関東オープン

史果さんのキャディーを務めているのは長女の紘子さんです。

ですが、次女の活躍に触発されて奮起していたそうですよ。

腰が回っていないからこそ、肩が十分回るのです。

無意識のうちにバーディーが欲しくなったのか」。

気持ちの面でも「レギュラーのときよりずっと前向きですよ」と、落ち着きが出てきた。

prevent-bg-text-style h1:not. 73年ツアー制施行前の52年日本プロを制した井上清次の子、幸一が78年中部オープン、84年東北クラシックと2勝している。

1;border:1px solid ccc;box-shadow:0 3px 3px -3px rgba 0,0,0,. 首位とは2打差。

nui-aspect-container--16-9 img,. これに気づいている人はどれだけいるでしょう。

10

スポンサーリンク 引用:川岸 良兼 ジャパン・スポーツ・マーケティング また、主な戦歴はと言いますと・・・ 【レギュラーツアー優勝歴】 1990年 静岡オープン 関東オープン ABC主催ラークカップ 1991年 ポカリスエットオープン 1995年 JCBクラシック仙台 1999年 Phillip Morris Championship マイナビABCチャンピオンシップ 引用:川岸 良兼 ジャパン・スポーツ・マーケティング 川岸良兼さんは10歳からゴルフをスタートし、ジュニア時代からゴルフの才能を発揮します。

2s;-webkit-transition:transform. そんな中でも、シニアになってうまく力が抜けてきたのか、「距離も出てきましたし、よくなってきた」とゴルフの内容は上り調子だ。

ドライバーの飛距離は286ヤードとパワーに衰えは感じられない。

には日本ゴルフツアーのシード権(賞金ランキング70位以内)を失うなど低迷。

「もっと練習しろ」と言えばいいのに「そんな練習で勝てるか? 地獄に落ちろ」ととんでもないことを口走る。

5em 1em;margin:0;border-radius:0;border:none;line-height:1. あまりのパワーのせいで、若い頃は「力が有り余っていたからね(笑)。

「下半身を先に動かせ」 この呪文のような言葉。

82