花束 みたい な 恋 を した 感想。 映画「花束みたいな恋をした」感想|紘|note

で麦がそっぽむいて寝ちゃうのがね…。 六年ぶりの再開。 誰でもどこか一つは共感するんじゃないかな、すごいね細かいし、伏線も多いし。 の話聞いて「そんな人偉くないよ」って言った麦に対してそっけなかったのも共感。 ほかのルくるところも泣いたし、なにが変わったんだろうね…。 映画ですから。 こんなご時世でもあって久しぶりに映画館に足を運びましたが、考えてみれば去年の年末に観た『ジョゼと虎と魚たち』以来ですね。 辛すぎるけど爽やかな余韻で終わった。 なんとも言えない気持ちにさせる映画でしたね。 刺さる。
80
2人の5年間 21歳から26歳まで のやり取りを、一つ一つ丁寧に描いているため、数々の場面がリアルに心に残り、そのエピソードが飽きることなくどんどん束ねられていく でも麦の「のんきでいいな」っていう気持ちもわかるよ…
お葬式や結婚式みたいな ライフイベントって、周囲と自分を客観的に見つめるきっかけになる 今回の「花束みたいな恋をした」も切なく、いろいろ考えさせられる映画です
また感想書くかも これを凡庸で説明過多な恋愛映画と感じる人は退屈極まりないだろうが、筆者のように、画面に引き込まれたまま時間を忘れて物語に没頭できる人もいる
そして過ごす蜜月 麦くんの「じゃあ、結婚しよう」のシーン、めちゃくちゃ辛かった
Contents• なんて、過去の恋愛を思い出す 2人でいれば何でも大丈夫と思い、就職もせず、駅から30分もかかるマンションに2人で暮らし始めます
6