契約 社員 失業 保険。 契約社員の雇い止めは失業保険にどう影響するのか。無期雇用転換とは

ただし、通算できる期間は、B社を退社した日から 過去2年の範囲内である必要があります。

つまり、特定受給資格者は、自身の責任の無い状態で突然退職を余儀なくされた方と言えるでしょう。

「いつから基本手当をもらえるのか」というところがフォーカスされがちですが、もう一つ「いつまで基本手当がもらえるのか」という観点が必要なのです。 勤務先で社会保険(健康保険・厚生年金など)に加入している場合は心配ないと思いますが、雇用形態がアルバイト、契約・派遣社員、歩合制の外交員の場合は雇用保険に加入していない場合もありますので、給与明細等で「雇用保険料」が天引きされているかを確認するようにしてください。 また、給付日数優遇措置で失業保険を少し長めに受け取れます。 あくまで自分に合わないなら断っても構いません。 就業規則などで定められた定年年齢に達したことによる退職や、定年後再雇用されその雇用期間が満了したことによる退職などは、特定受給資格者や特定理由離職者には該当せず、自己都合の退職扱いになります。 契約社員の雇い止めが無効になるケース もし「もう契約更新はしません」と会社から雇い止めされてしまった場合、それが不当な理由だったときは無効になるときもあります。 雇い止めを恐れず、産休の権利を主張していきましょう。 赤く丸を付けたところを読むと分かるのですが、 離職理由が契約期間満了の支給開始は 離職票を提出し、求職申し込みをしてから7日間の失業している日が経過した後と記載されています。
18