威嚇ギャラドス。 ギャラドス/対策

アシレーヌ ギャラ・ミトム・ナットを絡めて対応していく そして、相手視点でこの構築は「ガエン・ゴリラと組んでいるから威嚇」と見えやすい
技構成を提案してくれた虫コロリくん、本当にありがとう カビゴンやエスバならある程度有利だが単体で安定し辛いので、エスバ・ミトム・ギャラ辺りを絡めて無難に2体以上で処理しに行く
殆ど五分以上の試合にはなる カバルドン カバルドン入りには、極力 ラムギャラドスを選出する
の通りが悪い場合に代わりのエースとして選出して「化けの皮」を盾に「剣の舞」を積んで全抜きを狙ったり、「化けの皮」を盾に相手のDMへの切り返しを担う 今期はアマガピクシーが少なかったので気にしていなかったが、恐らくこの構築ではアマガピクシーに勝つ術がない
流行りのマジフレキッスや先述した受けループに強くなるためラスターカノンではなくを採用した ただ、問題点として先ほども書きましたがウーラオスが使えるか?どのぐらいのレベルで環境入りするのか? だったり、ウーラオス1匹のためにsを割くのか? 97というといまはノクスぐらいしかいませんが、ノクスはギャラに強いとは言えませんからウーラオス1匹のためと言っても過言では無いと思います だったらもう少し上のラインまで抜けるまでふったほうがいいのではないか? と、いろいろ考えることがでてきます
ギャラドスもミトムも通らない裏だと厳しいが、その場合対面DMでリザを往なして裏のドラパルトを通して行く筋を取ると通しやすいように思える 「挑発」はを受けに来る・アーマーガア・等へのメタとして採用した
また上記4体の並びでは対処の難しい相手のDM全般への切り返し、また以外の強力なエースとして を採用 ギャラor ナット+上から処理できるエスバorドラパの形で選出すると安定しやすいが、初手エスバを置いて裏にギャラドスを置くと初手岩石ステロを押されるだけでかなり苦しくなるので、選出や選出順に気を付けてステロを撒かれても対応が効くような形を意識した
71
提案してくれた虫コロリくんに感謝 流行りのポリゴン2にほぼ完璧な切り返しをすることができる
ギャを崩しにくる物理全般に対する受け先としてかなり後出しから対処が安定した ミトムやエスバを絡めつつ、最終的に ギャラドスの餌にすることが多い
いかに出し負けを恐れずに投げられるかか鍵に感じる 次にパッチラゴンやに対して強く出れるを採用した
エスバなどの対面の削り+ダイマックスでの殴り合いで落とし切ることが多かったが、恐らく上手い人に上手く通されると勝てない 技構成は最大打点の、珠のに後投げDMスチルで打ち合えるようにヘビーボンバーを採用
構築コンセプト 構築経緯で話した通り、今期は 襷蜻蛉エースバーンを中心に構築を組んでいます カビゴンの枠は一時期オーロンゲやバンギラスを採用していたのですが、トゲキッスやピクシーが重かっためにやむを得ずカビゴンを採用しました
5