源氏 物語 光源氏 の 誕生 現代 語 訳。 源氏物語 「光源氏の誕生」 現代語訳

紫式部の声が聞こえてくるような、今の時代の豊かな表現で綴られるの魅力とは? 私は恐らく、世間の平均よりは「古典好き」な部類の人間だろう。

中途半端。

15

ここでは源氏の孫たちと、大君中君の姉妹など、彼らを取り巻く女性との関係と苦悩が、光源氏よろしく再び展開されます。

(光源氏の誕生) 「黒=原文」・「 青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 父の大納言は亡くなりて、母北の方なむいにしへの人の 由 よし あるにて、 父の大納言は亡くなって、(桐壷の更衣の)母である大納言の北の方は、昔気質の人で教養のある人であって、 親うち 具 ぐ し、さしあたりて世のおぼえ 華 はな やか なる御かたがたにもいたう劣らず、何事の儀式をももてなし給ひ けれど、 両親がそろっており、現在世間の評判も華やかである他の(女御・更衣の)方々に比べてもあまり劣ることなく、どんな儀式をも、とり行いなさったけれども、 とりたててはかばかしき 後 うしろ 見 み しなけれ ば、 特に取り上げて頼れる後見人(=後ろ盾)がいないので、 事とある時は、なほ拠り所なく心細げなり。

そんな私が、いしいしんじ氏『げんじものがたり』の担当編集を前任者から引き継いだのは、初稿がまもなく完成するという頃だった。

助動詞・打消・終止形 朝夕 名詞 の 格助詞 宮仕え 名詞 に 格助詞 つけ 動詞・下二段・連用形 て 接続助詞 も、 係助詞 人 名詞 の 格助詞 心 名詞 を 格助詞 のみ 副助詞 動かし、 動詞・四段・連用形 恨み 名詞 を 格助詞 負ふ 動詞・四段・連体形 積もり 名詞 に 助動詞・断定・連用形 や 係助詞・疑問(係) あり 動詞・ラ変・連用形 けむ、 助動詞・過去推量・連体形(結) いと 副詞 篤しく 形容詞・シク・連用形 なり 動詞・四段・連用形 ゆき、 動詞・四段・連用形 もの心細げに 形容動詞・ナリ・連用形 里がちなる 形容動詞・ナリ・連体形 を、 格助詞 いよいよ 副詞 飽か 動詞・四段・未然形 ず 助動詞・打消・連用形 あわれなる 形容動詞・ナリ・連体形 もの 名詞 に 格助詞 思ほし 動詞・四段・連用形・尊敬 て、 接続助詞 人 名詞 の 格助詞 謗り 名詞 を 格助詞 も 係助詞 え (呼応の)副詞 はばから 動詞・四段・未然形 せ 助動詞・尊敬・連用形 給は 動詞・四段・未然形・尊敬 ず、 助動詞・打消・連用形 世 名詞 の 格助詞 ためし 名詞 に 格助詞 も 係助詞 なり 動詞・四段・連用形 ぬ 助動詞・強意・終止形 べき 助動詞・当然・連体形 御もてなし 名詞 なり。

これらを読んだうえで、現代語訳や原文でじっくり味わっていただければと思います。