オリンピック 延期 損失。 “コロナショック” 史上初の1年延期決定までの経緯

ただし、設備整備費はすでに投資・消費済のため、中止になっても経済効果の約1兆7,538億円には影響しないため、その分を引き、失われる直接効果の経済効果を約3兆4,624億円と推定した しかしながら、今回の騒動は開催時期を見直す1つの契機になるかもしれない
なぜこの状況で日本人が延期を強く主張しないのか さらに、中止になった場合は、施設整備はほとんど終わっているものの、大会の運営費や観客の消費支出などが失われるほか、大会後の観光振興や文化活動などの経済効果が薄れることから経済損失はおよそ4兆5151億円に上ると推計しています
東京オリンピック・パラリンピックが、新型コロナウイルスの影響で予定通りに開催できなくなった場合、延期は約6,408億円、中止は約4兆5,151億円の経済的損失が推測されることが2020年3月19日、関西大学の分析結果から明らかになった 最終地点は医療施設が整っていないアフリカ…
正直時間がない
オリンピック延期で経済損失はなぜおきる?私たちの生活への影響は? 【自動車業界】 今夏開催予定だったオリンピックが1年程度延期されることを受け、 自動車業界にも影響が及ぶ可能性があります さらに19日ギリシャで行われた聖火の東京への引継式で、ギリシャでの聖火リレーの最終ランナーを務めた陸上女子棒高跳びの金メダリストの選手が訴えました

しかも、中国にはトヨタやホンダ、資生堂など日本の大企業がこぞって進出している。

1年程度という期間については、半年ではコロナウイルスの感染が終息しない可能性が高く、2年では選手をはじめ、関係者の負担が大きいとの理由で選択されたといわれる(その後、正式に2021年7月23日開幕と決定)。

安倍晋三首相は2018年3月の政府・未来投資会議で 「2020年の東京オリンピックで自動運転を実現する」と発言しており、オリンピックで国内外に日本の自動運転技術を披露する場となるはずでした。

海外観客の多くは、大会の観戦だけでなく、その機会に日本で観光や買い物をすることが予想された。

また、エコノミストにより予想損失額が大きく異なるのは、コロナの猛威がいつまで続くのか、最終的にどれほどの打撃を受けるのか、現時点では予想がつかないためだろう。

M元総理やK知事は現実が見えて無いからほっといた方が良いよ。

しかしこれについても、各国のオリンピック委員会などからは「遅すぎる」「早急に結論を」「延期が望ましい」などといった声が上がりました。

海外の反応「延期は賢明な判断」だが、「経済的懸念は強い」 世界中が東京オリンピックの延期に落胆を隠せない反面、「人命を最優先した賢明な決断」「延期による損失は大きいが、コロナによる損失の方が大きい」と受けとめられている。