ボス 恋 主題 歌。 『ボス恋』玉森裕太にハマる人続出、可愛いとカッコイイが共存 主題歌も一役

主題歌のタイトルは「Luv Bias」(読み:ラブ バイアス)。

恋愛では確証バイアスと呼ばれていて、 「恋は盲目」を意味しています。 歌は<世界でいちばん 悲しいものがあるとするなら 大切な人の涙>と幕を開ける。 火曜ドラマの「ボス恋」を見た翌日が発売日です! 火曜日に「ボス恋」を見て、翌日CDを買うことが出来ちゃいます。 」や「全米が泣いたニカの歌い出し!」、「藤ヶ谷くんのソロパートで中沢さんが映ってるのが最高にエモい」と、それぞれのメンバーの歌声とシーンのリンクを楽しむつぶやきも見られた。 <愛してるそんな言葉だけで表せないほどに/想いが溢れていく/こぼれていく日々だ>と切なく張り上げる玉森の高音が、何十キロも先の奈未だけを見つめているようにバイクを走らせる潤之介の姿を彩っていく。 3位には、の「Not the End」が初登場。 そんな情景が感じられる素敵な歌詞です。 そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で・・・。 「誰にでも優しいって、誰にでも優しくないんだよ」。 どうやら、主題歌のインストゥルメンタルが存在したり、ドラマ内で使用されたインストゥルメンタルのサントラも、存在するようです。
『ボス恋』は、その両方を兼ね備えていた。 これらの演出もあってか、「Luv Bias」はレコチョクランキングでも首位をキープ。 さらに間宮祥太朗演じるクールな先輩編集者・中沢涼太(なかざわ・りょうた)からは邪魔者扱いされ・・・。 ラストには、奈未(上白石萌音)、麗子(菜々緒)、潤之介(玉森裕太)、宇賀神(ユースケ・サンタマリア)、女性ファッション誌『MIYAVI』編集部のメンバーらが皆、新しい夢に向かってそれぞれの場所で輝く姿が映し出された。 『Luv Bias』のインストゥルメンタル• 色気とあどけなさ。 先週の第4話は、潤之介の可愛さとカッコよさが満載。
91