外郎 売。 外郎売・口上部分注釈

お登りならば右の方、お下りなれば左側、 八方が八棟、表が三棟玉堂造り、 破風には菊に桐のとうの御紋を御赦免あって、 系図正しき薬でござる 日本建築で、切妻屋根の両端につけて飾りなどにする「へ」の字形の板
外郎の効能を見て、女性を口説くのに使えると考えた珍斎は、ぜひ自分にも飲ませてほしいと申し出ます 平仮名をもって「ういろう」と記せしは、親方円斉ばかり
それそれそれ、舌が回って来ます 合口音とは開口音より口を狭くした「オ」
食事の後にさらに他の飲食物を出してもてなすもの 舞鶴 小林朝比奈の妹
来 く るわ 来 く るわ 何 なに が 来 く る、 高野 こうや の 山 やま のおこけら 小僧 こぞう 、 《解説》 「天目」は、主に茶の湯に用いる浅く開いたすり鉢形の茶碗 現代の日本語にない音もあるので、以下ムリヤリ現代日本語をあてはめて解説
わたしはサボりまくりで気が向いたときだけ読んでいるのですが、仲間がいるともっと楽しく続けられる気がします。 おつまずきなさいますな。 そのすきまからこっそり取り出して服用したようだ。 武具、馬具、ぶぐ、ばぐ、三ぶぐばぐ、合わせて武具、馬具、六ぶぐばぐ。 とてもかなわない。
73
なお、『外郎売』の初演からおよそ100年後に書かれた、十返舎一九の『続膝栗毛』に登場する「ういろううり」の口上では、『 』と、『ありて』となっています 「うで栗」は、 渡辺綱 わたなべのつな に切り落とされた茨木童子の腕と、茹で栗を掛けるか
来るぞ、来るぞ、何が来る、高野山金剛峰寺の取るに足らない小僧、たぬき100匹、箸100膳、天目茶碗100杯、棒800本 胡椒の丸呑み 表面だけを見て、真の意味を理解しないこと
その四か所の中でも、『 御赦免 ごしゃめん 有て』に近い表現として『 御高免 ごこうめん 有 あっ て』があることなどから、ここでは『 御赦免 ごしゃめん あって』としたものです その後、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされ、その豊臣家も徳川家康に滅ぼされ、支配者は時代とともに変わっていきますが、外郎家は今に続いています
咳、痰の他ににおい消しにも効いたという あの長押の長薙刀は、誰が長薙刀ぞ
外郎売本文段落二 イヤ 最前 さいぜん より 家名 かめい の 自慢 じまん ばかり 申 もう しても、 御存知 ごぞんじ ない 方 かた には、 正身 しょうしん の 胡椒 こしょう の 丸呑 まるのみ 、 白川夜船 しらかわよふね 拙者=親方ではないのでご注意
海に面し、早川など水利にも恵まれた小田原 小田原は、水や食料に恵まれ、また、防衛の面でも問題なく、あと必要だったのは健康面での適切な医療でした 現在の 外郎売の 衣装や 長台詞は、 二代目團十郎が創作したものが今に伝わっています
真言宗の総本山、金剛峰寺がある もしかすると「番傘」(骨が太く厚い紙が張られ丈夫に作られた粗末な雨傘)みたいなものだろうか(番=たくさん揃えて番号をつけておくところから、普段使いの粗末なものを意味する)
がらぴぃがらぴぃ 風車 ( かざ ぐるま ) おっと合点だ、心得田圃の・・・は走って行けば、を擦り剥く三里ばかりか、・・がしや、小磯の宿を七つ起きして、早天早々、相州小田原、透頂香
従って、ここでは『 お 和 やわ らぎゃっ』と表記しました ただ、似た音を並べて、一つの単語で複数の意味を持たせるといった言葉遊び
のら 如来 ( にょらい )のら 如来 ( にょらい )、 三 ( み )のら 如来 ( にょらい ) 六 ( む )のら 如来 ( にょらい ) 覚え方のコツ さて、やってみたいと思った方は、さっそくテキストを手に入れましょう
56