ルンバ 再 起動。 ルンバさんが不調です 〜謎のエラーと解決方法を見つけるまで|おそのさん|note

ドライバーを使ってバッテリー部分の蓋を外し、バッテリーを取り外します。
「もしかして、故障かな?」と思ったのですが、アイロボットジャパンの公式サイトにある「よくあるご質問」のページに、いくつか解決策を見つけられました 「2018年10月10日」 「アイロボット認定販売店制度」とは、取引販売店とのパートナシップ強化によりお客様に国内正規品を安心してお買い求めいただくことを目的としております
そんなルンバさん、購入して3ヶ月してエラーを頻発するようになってしまった
再起動の方法はルンバのシリーズによって異なります ルンバ純正バッテリーの価格 とにかくバッテリーを交換しなければ!ということで調べてみると、ルンバ530に対応する純正バッテリーはなんと 1万円!! 1年半ごとに交換が必要になる消耗品が1万円…?!これはいくらなんでも高すぎでは…
正直 アイロボット社への問い合わせはあまり意味がなかったです 適当にググって出てきた公式FAQに、ルンバの再起動の方法が書いてあったので試しました
違和感なし (4)電源を切って、再起動
こうなる前に、ユーザー登録をしておくことをオススメします(笑) 工場修理の手順と必要な書類 購入したお店まで持っていく羽目になると思っていたのですが、「佐川急便さんが集荷に行きます」とオペレーターさんから嬉しいお言葉が!! ただし、梱包は自分でやる必要あり いつも通り 「ゴーーーー」という音を出しながら(結構うるさい)掃除を始めたルンバでしたが、 5分ほどたって 「あれ?なんだか静かだな」とのぞいてみると…そこにはすでに 停止したルンバが…!! あなた、ぜんっぜん掃除できていなかったのね!!! と 衝撃の事実を知ることに…
<工場への出荷手順>• バッテリーが古い場合 バッテリーが古くて充電しない場合は 交換が必要になります ところがお返事メールの内容は 充電に関するヘルプページのリンクを大量に貼り付けただけのものでした
皆様のご家庭のルンバの不具合もいずれかの方法で解消されますように 「保証書貼り付け用」と書いてあるレシート(購入した日付入り)のコピーを、ルンバの電源ボタン近くにテープで貼り付ける
修理の際の 集荷の日程のお知らせ• 接触が悪いのかもしれないので少しずつ本体を移動してみる 以上を試しても変わりません もうダメだ〜〜〜
掃除後自動的にホームベースに戻るはずのルンバが部屋のいたるところで 行き倒れてしまうようになってしまったのです 対処法2 ホームベースとルンバ本体が接続する金属部分にホコリやゴミが付着していたら、乾いた清潔な布で拭き取りましょう

再起動• 世話がやけるなぁ、と思いながら、さらにルンバさんに愛着が湧いていたりもするから不思議だ。

充電が 完全になくなると赤色になります。

稼働させて30分ほど経ってから停止してしまうのは、その間に吸い込んだ埃がダストボックス以外にも散ってしまっていたから? はっきりと断言することはできないが、たしかにダストボックス内の埃が多いときのほうがエラーになる確率が高かった気がする。

70 所感 今までは正常に接続していた事や、再設定を行おうとしても出来ない事などから、ルンバ960のネットワークに係るパーツが破損したのではないかと考えられる。

我が家のルンバの症状 ホームベースにセットし、クリーンボタンを押すと先ほど説明したように• 3ヶ月前のエラーのこと、工場での修理内容、最近また起こるエラーについて、できる限り伝える。

iRobot公式FAQでは、ルンバの再起動や電源が入らない場合についてのカテゴリにはバッテリーを外す方法は書かれていなかったため、バッテリーの交換方法を参照して実施しました。

再起動後は問題なく、スケジュール清掃を開始できています。

今回は私が実行した方法を含めて、ルンバが充電できなくなる不具合を解決できる、3つの簡単な方法をご紹介します。

17
ルンバの 機種による違いと選び方についてはこちら 自分で掃除をする必要がないロボット掃除機はとても便利! 日々全部屋にルンバを使用しています
「ネットワークの設定を開始します」の段階で、スマホの画面はそのまま表示が変わらなくなった しかし、手動でドックに接触させるとバッテリーのアイコンは緑色を示し、充電できていないわけではなさそうでした
3:ダスト容器をルンバに戻すとき、下記の動画を参考に、乾いた清潔な布で、ルンバ本体とダスト容器の接続部を拭くと、エラーの改善につながるかも センターからの返信には、「 電池を一度取り外してから入れて再起動する」「 ダストボックスを外して付け直す」という2つの対処をしてみてくれ、と書いてあった
5mmの六角レンチで代用しています 赤部分のネジを外します スピードセンサーの取り外し 赤部分のネジを+ドライバーで外します 透明のフィルムが基盤の上に乗っかていますが、邪魔なので取っておきます ネジを外すと基盤が持ち上げられる様になります 基盤は2枚がセットになっており、接合部分はデリケートにできているので慎重に行いましょう 赤部分のコネクターと 青部分のコネクターを外します 青のコネクターは赤外線センサーですが、スピードセンサーにくっついた状態になっています 外す場合はカッターナイフでインシュロックを切断します コネクター部分は非常にデリケートなので慎重に外しましょう スピードセンサーが外れます バンパーセンサーの取り外し 赤部分のネジを+ドライバーで外します 真ん中のバンパーセンサーは 赤部分のネジを+ドライバーで外すと分解できます 埃が溜まっている場合はエアダスター等で掃除します 赤部分のコネクターを外します 青部分の前輪に繋がっているコネクターが絡まっている場合があるので、外しておくと外し易いです 断崖センサーが外れない場合は赤部分のセンサーと透明プラスティックカバーの間にマイナスドライバー等を突っ込んでてこの原理で外します これで断崖センサー、バンパー三さーが外れます 猫ちゃんに邪魔されてめっちゃ時間かかりましたw 必要ならばセンサーの交換をします. このときメッセージ音は特になし• ・「ルンバiシリーズ」の場合は、ルンバのCLEANボタンを20秒間長押しましょう 充電器につながっていない状態で電源ボタンを12秒以上長押しして 電源を完全に落とす
なので朝充電が切れていることはないはず 充電マークの見方 ここで充電マークの表示の違いを説明します