綿流し編 ネタバレ。 ひぐらしのなく頃に 業 7話 綿騙し編 「綿流し編との違い」考察とネタバレ感想

園崎魅音の死亡時間を、事件当日ではなく、圭一を刺した直後に改竄せよとの圧力をかけたのは誰で目的は何?• その時先生が呼び止め、はしごの揺れも静かになる 魅音ちゃんのところへ謝りに行く覚悟を決める圭一君
圭一は鷹野の話に集中していた為に物音が聞こえず、詩音は恐怖による緊張感の為に物音が凄く大きく聞こえただけ 圭一の不安な気持ちを魅音は察していた
気づかない大人が 入れ替わった詩音を「魅音」と勘違いして鬼の刺青を彫ったのです 身元不明の惨殺死体が発見された事件
綿流しとの相違点、共通点をまとめた上で、今後どうなっていくか予想! ・【綿騙し編考察2】綿流し編と同じルート?ひぐらしのなく頃に業 6話の考察・感想・ネタバレ ・【綿騙し編考察3】魅音と詩音が共犯!?綿騙し編の結末(ラスト)を完全考察!ひぐらしのなく頃に業 7話の感想・ネタバレ 最後までお付き合い頂けたら嬉しく思います 鬼隠し編 … 鬼隠し編では、高野と富竹が綿流しの後に行方不明となり、大石と話をする展開になっていました
何なんだい?あのラストは ですが原作では、エンジェルモートで圭一がキーホルダーを落とした時にそれを魅音が圭一に届けます
『昔』の話だと圭一は激しく主張した それは なぜ北条沙都子が殺されなければならなかったのか? それは北条悟史にあるとされるが、前述の動機ならば北条沙都子の殺害動機がつながらない
圭一は重度の雛見沢症候群にかかっていた、ということです レナが疑心暗鬼に陥ります
33

もちろん園崎家の敷地内だ。

これが『目明し編』で明らかに・・・ならないでしょうね 笑 今回の『綿騙し編』でもう一つ思ったことは、レナの出番が少なかったということです。

魅音が犯人だと連想させる終わり方ではありました。

怖がらせるつもりはないと詫びる魅音。

お魎を殺害したのは詩音。

確かにそうかも、、、今日からちょっとスピードアップ!さてさて、綿流し編全4話も、最終4話目です。

祭具殿の侵入した3人が変死・失踪したのに残る圭一だけがなぜ事件に巻き込まれないんだ?」と圭一に尋ねます。