坂道 発進 at。 ATの坂道発進

シフトレバーをローギヤに入れる ブレーキペダルをしっかり踏んだまま、ギアをローに入れます 左足のほうが、発進しやすいです
アクセルを踏む ゆっくりブレーキペダルを離し、後退しないか左右確認する
AT車の場合、必ずしもセレクタを2速に入れる必要というのは無いのですが. 教習所によっては、頂上の水平部分で停止し、シフトダウンしてエンジンブレーキも効かせながら下ることを指導しているところもあるようですね AT=クラッチペダルがない という車の免許であって、車の変速方式にはいろいろあります
AT車は、特有のクリープ現象により、アクセルペダルを踏んでいなくても車が前に進もうとします 今は中型・大型貨物しか搭載されていません
(現在免許取得中 トピのタイトル通りなのですが、オートマチック車のギア・セカンドを使うのはどういった時が正しいのでしょうか? 実家の父は、長い坂道などでブレーキを使い続けると焼けて危険なので、エンジンブレーキをかけさせるために セカンドに入れて坂道をくだるときに使います
お騒がせしております、今でこそマニュアル車をなんとか普通に運転できるようになったみやびでございます 近年は扱いにくいクラッチ・シフトレバーの新車はほとんど皆無といっていい ここ10年ほどのMT車においては「クラッチが重い、クラッチがミート つなぎ しにくい、特定ギアの入りが悪い」といった、渋滞中でなくともクラッチやシフト操作が苦になるものはほとんどなくなっており、これだけでもMT車に対する敷居は低くなっている