電子 署名 と は。 電子署名とは?仕組みや種類、導入時のメリット、注意点を解説

94
電子署名は、電子サインの中でも法的効力もあり、実印に該当するので重要度の高い電子サインといえるでしょう 電子契約、電子署名、タイムスタンプに対して「そもそも別物なのか」「それぞれの具体的な役割はなんなのか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか
ただし、電子証明書を発行するために認証局からの電話に対応しなければならない場合もある、契約までの時間が長くなるなど、取引先への負担が大きくなるのがネックです メリット3. 1.ソフトウェアをインストールする 登記所に電子証明書を申請する場合、最初に専用のソフトウェア「商業登記電子認証ソフト」が必要になります
電子文書においては、この電子署名がつけられていることが本人承認の証明といえるでしょう 電子証明書で作成者や承認者の本人確認ができるため、本当に権限者だけが見ているかということが分かります
1.専用のソフトウェアをインストール• デジタルの世界では、「記名・捺印(自筆で署名+実印で押印)」をすることができないので、本人の秘密鍵(印鑑に相当する)を用いて電子契約書などに対し「電子署名」を行います コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます
非改ざんの証明方法としては、原本のハッシュ値とタイムスタンプのハッシュ値が一致していることを確認することで、改ざんされていないことが証明できます 認証局が電子証明書の発行業務を行い、• これらは厳密には意味が異なるので、誤解を避けるためにもしっかりと使い分けることが必要です
94