兵庫 県 公立 高校 倍率 2020。 【最終】【第二学区】<令和3年度/2021年度>兵庫県公立高校進学希望調査の結果

80

17 県立西宮高校 普通 単位制 推薦含む 280 517 1. 公立高校:28万487円 私立高校:71万9051円 兵庫県の私立高校の場合、2年目以降は入学金や初年度に必要な施設費などを除いた年間約80万円前後から補助受給額40万8000円をを差し引いた額、 つまり、 年間約40万円前後が必要となると思ってよいでしょう。

したがって、第2志願の生徒で、第1志願校が不合格になった受験生も含めて合否判定される仕組みですので、実際には入学者数が募集定員を下回ったのは伊川谷北と淡路の2校だけでした。

現在のところ兵庫県一般入試の日程について変更の予定はありません。

川西明峰は第1希望としての倍率は落ち、一見ラクに思えるかも知れませんが、第2希望が「432」 去年は450)もあります。

表内の( )つきの数字は、他に示される募集単位の内数、または他の募集単位とあわせて募集した結果の数値を表しています。

・高校の掲載順は50音順です。

2月27日現在の倍率です なんと!宝塚北高校が定員割れしています。

そのため、学力検査では300点を目指しましょう! まとめ 今回は兵庫県の公立高校入試の学力検査の点数についてまとめました。

学科の新設・改編について、小野工業は機械科・金属工業科・電子科を統合し、新たに機械工学科・電子科を設置。