ミニ トマト 2 本 仕立て。 ミニトマトは2本仕立てで収穫量アップ

ミニトマトでなく トマトだったら 恐らく180cmじゃ 足りないと思います 収穫まではまだまだ先ですが順調に育ってくれることを祈るばかりです
壁を背にすることで、 支柱の安定感は抜群です さらに、蝶や蛾の産卵や、青虫や テントウムシダマシによる葉の食害を防ぐために、背が低いうちはトンネルを作り防虫ネットを張っておきます
沢山収穫したい場合は「摘芯」を行わず、 いらない葉を取り去って「全体的に茎を下に下げて」いきます ただまあ、 切ってしまえば 株の背丈は 自分で調整できます
つまり、ミニトマトは、 「脇芽を残すことで収量が増えるが、不要な脇芽は取り除く必要がある」が正しい育て方ということですね なぜなら、伸ばす脇芽の本数が増えれば増えるほど育てるのが難しくなるからです
プランター栽培の場合は、 折角「壁」があるので、 壁に沿って支柱を立てましょう 元気な茎を曲げると折れてしまうので、 2日~3日程水やりを控え、葉がしなっと下を向いているときに作業をしましょう
24
ポイントに『用土近くの花芽は切り落としましょう』と書いていました。 750件のビュー• 一番最初にできた実が赤く熟し、収穫できるようになるのは6月下旬から7月中旬ごろとなります。 。 本葉が2枚ほど展開したころに直径9~12センチのポットに移植します。 取った脇芽は土に挿して育てられる. ミニトマトは仕立てをせずに 放置してもしっかり収穫できます。 (逆に絶対選んでは いけないのが、 根元付近から 生える脇芽です。 植えつけ前にポットの土へしっかりと水を含ませておくと、土が崩れにくくなりますよ。 植え付け2週間前に、土壌に苦土石灰を200グラム程度(1平方メートルあたり)混和させておきます。 トマトをたくさん収穫したい場合、苗を多く買わず二本仕立てで枝数を増やして収穫量を増やすことが可能なので、 苗代が安く済むメリットもあります。 株間を広めに取る トマトを2本仕立てにすると、枝数が増えて実の数も倍になるので、トマトの株へは大きな負担がかかります。
花房とは「ふさ」のことで、ミニトマトの蕾が集まる場所、つまり花を咲かせる場所となります 2本仕立てなら、脇芽を伸ばさない1本仕立てよりも収量が期待でき、育てやすいので初心者でも安心ですよ
1本仕立ての倍の収穫量とまではいきませんが、うまく育てることができれば 1本仕立ての1.5倍ほどの収穫量は確保できるでしょう 8倍に増える事です
家庭菜園の場合はセルトレイが一枚あれば、ミニトマト以外にも植え付ける予定の他の夏野菜を全部まくことができます わき芽が小さいうちに早めに取り除くことが間違いを防ぎます
ミニトマトを2本仕立てにする際は、ミニトマトの2本仕立てについて解説した下記の記事が参考になります 焦らないでいきましょう! まとめ いかがだった でしょうか? ミニトマトを 2 本 仕立てに するときは、 支柱の長さが 長いもの (180cm)を 使うといいという 事がわかりました
雨よけ栽培 簡易ビニールハウスなどを設置することで直接雨が降りかかることを避けることができます 脇芽を伸ばしすぎるとどうなるのか 脇芽の本数を増やして3~4本の枝数で育てることも可能ですが、ある程度経験がないとなかなか上手くは育てられないでしょう
植えつける前にはすでに畝を作ってマルチの準備も完了しておきます 【2本仕立てのメリット】• 逆にデメリットは、仕立て本数が増えるにつれ わき芽をとる作業手間が増えます