そう か の 姫 あらすじ 61。 霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~#61 あらすじ

旭鳳は再び錦覓を探し出すことを誓う。

そこで魄を守るため芳主たちは時間花廊を開く。

旭鳳は赤霄剣を手に天界を訪れる… 太上老君と破軍星君はいいのですが、太巳仙人お前は許さん。 酒の入った勢いでママの家族と喧嘩になってしまう・・・。 今は錦覓が亡くなった場所ということに… 旭鳳は魔尊の座を鎏英に禅譲し、錦覓を探す旅に出る。 中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-61話-62話-最終回 63話 -の画像つきキャスト情報をネタばれありで! キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。 惢心の代わりに如懿に仕える。 お前はこれから孤独に生きて罪を贖えばいい』と言う。 玉氏の王は金玉妍を見限り、新たな女を乾隆帝に献上していた。 「幾度生まれ変わろうと君は私の妻になる」旭鳳の言葉に錦覓は微笑み返す… 水神パパ、今度は娘とずっと一緒に暮らして、花嫁姿を見送ることができたのですね… 翌年、錦覓と旭鳳の間には息子の小鷺が生まれる。 凌雲徹 りょううんてつ…御前侍衛。 『本当は君の事が好きだったのにその思いを封じるために傷付ける言葉も言った。
90
天界の人たち勝手だからな…いやもうこれは錦覓の平和のために、潤玉はこの際腹を括って鄺露とくっつくべきですよ! 波乱含みな天界に対して、意外と魔界が鎏英魔尊で落ち着いていて、天界よりもモラル高い方向でまとまりそうなのには笑いました 瀾翠 らんすい…衛嬿婉の侍女
時は流れ、里見家第三代当主の義通が没すると、高齢になった彼らは子供に家督を譲って富山に籠り、仙人となったのです
旭鳳の良き理解者 花界は救われたが、錦覓の死を悼み、この世の美しい花々がすべて咲くのをやめてしまう…
避妊薬などを処方している 春華秋実を使ったのも情を断つためだったが、錦覓が現れて愛していると言ったため、裏腹に傷つける言葉を言ったこと… …そんな時、旭鳳の耳に錦覓の声が聞こえる
錦覓の帰る場所は最初からお前だけだった 一方、ガンヒョンはダンビョルのことを心配していました
「女は奪うもの」という積極的な考えの持ち主で、崑崙の眉目秀麗な弟子をかっさらって夫にするのだと言う 錦覓は旭鳳が小鷺をあやす姿を見ている
「穂禾」と名前を読んだ件はやはりわざとでしたね!答え合わせできてすっきりです! 旭鳳の前にようやく錦覓が現れ、二人は固く抱きあう 錦覓を恨もうとしたが忘れられない旭鳳、そして旭鳳の言葉は穂禾から真相を引き出すための偽りだろうと思う錦覓、二人の想いは複雑にねじれる
「愛とは勝負ではない そして同じ頃、花界では錦覓の魂魄を守ろうと奮闘していた芳主たちが時間花廊からの反筮を受け、はじき飛ばされていた
棠樾居の変わり者の娘が嫁入りすることに 金玉妍の犬が行方知れずになってしまった
22
それは・・自分が誰かに付け狙われているようだということです 侍女・容珮が前に出て二人をかばう
そこには旭鳳との思い出の品が沢山詰まっていた 先帝皇后と争ってきた
趙九宵が喋ってしまったのだ 今最も勢いのある富察家の娘
いかがでしたか 富察琅嬅 フチャろうか…乾隆帝の皇后
それに相応しい美貌の持ち主で、小文吾に結婚を申し込んだ際には、男性であると疑われることなく承諾されました 因縁を知らずに信乃と戦います
旭鳳は長芳主に『自分が見たものは同じように錦覓も目にしている その錦老爺(先の水神)に笑顔で見送られ、花嫁行列が進んでいくと、突然現れた鳳凰が輿の周りで火を噴いたため、行列の人々は逃げ去ってしまう
花界の神・梓芬(しふん)から一人の女の子、錦覓(きんべき)が産まれるが、梓芬は自らが愛情により苦しんだことで、娘の錦覓が自分と同じ目に遭わぬよう、情を絶ち愛を拒絶する力を錦覓に与えてしまう mejs-container-keyboard-inactive a,. もくじ• 第3皇子 弘時の養母
御花園で如懿と穎嬪が話をしている 私が彼女の中に入り込んだことはない
結局、箱は開けないまま、錦覓の魂魄を探して3年の月日が流れた 息子ともども死ぬ」と誓うように言う