室内 遊び 2 歳児。 2歳児におすすめの室内遊び12選!子供と一緒にゲーム感覚で遊ぼう!

好きなシールを制限無しで好きなように貼ってもらう方法もあれば、台紙に沿って貼っていく知育性の高い遊び方もこの時期はおすすめです 家に余ってるスタンプがあればそれを使ってもいいし、野菜のヘタや、落ちている葉っぱなどをスタンプ代わりに使用するのも楽しいです
子どもがハイハイして坂を上ったり下ったりする 0歳児の場合は坂をなだらかに、 1歳児の場合は坂を急にして、年齢ごとに難易度を上げていきましょう 他にも、うちわや下敷きなどを使ってあおいでみたり、ゴールを決めてそこまで転がしてみたりと、子どもにとってもわかりやすいような、簡単なルールを決めて遊ぶのも楽しいでしょう
2歳児の発達を促す意味でも少し頑張ればできる遊びを気が済むまでやらせてあげることがポイントになります さらに、手遊びはたいていは親子や保育士さん、お友達同士でやるので、コミュニケーションの手段としてもぴったり
<用意するもの>• 秘密基地のような空間に、お子様は大喜びです 1.紐通し 大きめのビーズか、穴を開けた厚紙とヒモを用意し、ひもを通し遊びをしてみましょう
意味を持つ言葉が話せるようになる 行動範囲も広がり、危険もともないますが、好奇心を満たしてあげることで成長を実感できる時期と言えます ストローを何本か、3センチ程の長さに切って完成です
ヘビなら、手でニョロニョロ表したり、床に寝転がって全身でニョロニョロしてもいいですね 小麦のアレルギーが有る場合は、米粉で代用してみてくださいね
2歳児には室内遊びが必要 子供は遊びをとおしてさまざまなことを学び、能力を高めていきます 2歳児の発達には下記のような特徴があります
体を動かすことで体操にもなり、頭の中のイメージを言葉や体で表す練習にもなります 3:「だるまさんがころんだ」と唱えおわったら振り向き、動いている人がいたらオニが指名し、オニの横に並ぶ 4: 2〜3を繰り返し、最後まで残っている子がオニに近づくと、「切った」と言って背中にタッチします
最後の 1人が決まるまでやることもある ポイント ・狭い枠の中でゲームをするので、転倒や衝突に十分に留意すること のり <遊び方> 1歳児頃の子どもは、指でつまむのが上手になり、穴を認識して何かを入れ込むのが楽しいと感じる頃のようです
71

また、大人がかごを持って逃げて、子供が追いかけながら玉を入れるのもおすすめです。

それを「芋ほり」として、子供に探してもらいます。

新聞遊び クレヨンなど色で家や手も汚れることもなく、 破ったりぐちゃぐちゃにまるめたり 子どもの好きなようにして思いっきり遊べるので 子どものストレス発散にもなります。

動物の一部分を洗濯バサミで見立てられるように台紙を作ります。

シンプルに体のストレッチなどをする体操運動もケガのしにくい体づくりにつながります。

98
ボールよりも動きがゆっくりなので、2歳児でも 目で追うことができ、投げた風船をキャッチできることがあります お兄ちゃんお姉ちゃんがいる家庭では特に、不適切な言葉使いは意識的に使わない心がけが必要です
お子様が 自由に表現することで、お子様の 想像力を膨らませることもできます 自分の身体を自らの意思で自在に操ることができるこの時期に思いっきり身体を動かすことで、発達はもちろん満足感も得られます
ビニール袋に、やぶった新聞紙を全部入れます 負けたときは「悔しい~!もう一回したい!」と言うことで、感情を言葉で表す方法を、示してあげるきっかけにもなります
2歳児の遊びにおすすめの!発達に役立つおもちゃ 市販されているおもちゃはたくさんあるので、買い物に行くと何がいいのか悩んでしまうこともあります 2歳児のからだの発達の目安 下記のとおりです
身体能力を高め、これらを解決することはもちろん、保育士は粘り強く話を聞き、どうすればうまくいくかを子ども自身に体得させることで達成感や満足感を与えることができます お絵かきや塗り絵 お絵かきや塗り絵にもチャレンジしてみましょう
パズル パズルは集中力を高め、手先の訓練になると言われています 動画で紹介している「紙皿タンバリン」は特に制作が簡単
また、足で「グー」「チョキ」「パー」ができるお子様は、「グー、グー、パー」等のリズムをつけてジャンプするのも楽しですよ お外で2歳児の発達を促す楽しい遊び 外では汗をかき、泥や砂などで汚れやすいので、汚れても良い服と着替え、水分補給のためのお茶や水を持つほか、帽子や虫除けなどの対策も忘れず行いましょう
数年前、ストレスが原因で化粧もできないほどの酷い肌荒れを経験 程よく体を動かしておくとお昼寝や夜の睡眠のリズム、一日の生活リズムのキープにも役立ちます
お子様が、パパやママのお馬さんによじ登るのも、いい運動遊びになります 手先を使った遊びができるようになる• 例えば、下記のような感じです
44