姉川 の 戦い。 合戦の現風景-姉川の戦い

教科書でも必出で、「元亀元(1570)年 姉川の戦い 織田信長・徳川家康の連合軍が朝倉義景・浅井長政の連合軍を破る」と丸暗記させられます。

姉川の戦いの結果は?血で血を洗う激戦だった! 横山城を守りたかった長政は、姉川付近に兵を出します。

しかし、ここで織田・徳川軍が負けては、その後の本能寺までたどり着けませんよね? 織田・徳川軍の劣勢をひっくり返したのは、なんと後に徳川家最強と謳われることになる若かりし頃の本多忠勝だったのです! 本多忠勝の活躍については、この後詳しく解説しますので少しお待ちください。
池田恒興• を上梓した倉山満氏が解説する。 浅井朝倉の増援 ボーナス 前線を押し上げるため、 戦場中央の 敵兵を撃破せよ! 「慎重かつ迅速に」で 真柄直隆を撃破して 西の関が開いた後に発生。 義景を窮追 朝倉本陣へ進軍するため、 朝倉景健らを撃破せよ! 「慎重かつ迅速に」達成& 北西砦が開門後に発生。 「浅井の急襲」を達成する。 戦いはおよそ9時間続いたといいます。 信長は妹婿 いもうとむこ である長政の謀反を怒り、6月19日岐阜を出陣した。 (織田信長 出典:) 連合軍の人数は、 約2万5000人です。
16

真柄直隆は本多忠勝と互角に戦った豪傑 真柄直隆は武勇に優れた豪傑で、軍記物などによく登場しますが、イマイチ知名度が低い気がします。

であるの軍勢とあわせ、その数3万4000といわれている。

さて、ここにはどんな噓が仕込まれているでしょうか。

憲政史研究家 1973年、香川県生まれ。

戦国時代の日本人に「騙されないコツ」「生き残るコツ」を学べ。

下記が、浅井長政が本陣を置いたとされる「陣田」です。

彼が活躍を見せたのは、織田・徳川軍が苦戦を強いられ、徳川本陣へと朝倉軍が迫ったその時! なんと、敵将である真柄直隆に対し、無謀ともいえる一騎打ちを敢行したのです! それを見た徳川軍は忠勝を必死に助けようと奮闘し、その勢いが朝倉軍を打ち崩したといわれています。

朝倉が川を突破しようとするのを、酒井忠次、小笠原長忠らが必死で防ぎ、いったん徳川が川を渡り朝倉本陣に迫ると、今度は朝倉の逆襲するという一進一退の展開。

教科書でも必出で、「元亀元(1570)年 姉川の戦い 織田信長・徳川家康の連合軍が朝倉義景・浅井長政の連合軍を破る」と丸暗記させられます。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「姉川の戦い」の解説. 朝倉軍の勢いの前に徳川軍の酒井、小笠原勢が圧倒されて後退しはじめた。 「燃えよ!姉川の戦い」(『 34号』収録)( )、2010年、日本語。 その代表例が姉川の合戦で最も武功をあげた磯野員昌の離間である。 朝倉義景 1570年(永禄13年/元亀元年)4月20日、京都にいた織田信長は、もともとあまり関係が良くなかった朝倉義景のいる越前国に30,000の兵を率いて進軍します。 研究者は知っているのでしょうか。 攻めあぐねる小谷 敦賀から退いた後、信長は湖西の永原に佐久間信盛を置くなど国境を固め、浅井長政も岐阜との境を閉じて、織田勢の京と岐阜との往復を困難にさせた。
98