アクセス クエリ 抽出 条件。 ACCESS クエリー 抽出条件が多い場合

リボンの[クエリ ツール]~[デザイン]~[実行]をクリックします 「日付」というフィールドに注目して、「今月の分」だけ取り出すようにしようと思うんです
そのため、表示のチェックをはずします 下図の通り、「貼り付け」というダイアログが表示されるので、クエリ名欄に適切な名前を入力して「OK」ボタンを押して保存します
(ワイルドカード) 最後に、抽出条件で便利な機能があります アイテムがクエリ結果に表示されるのは、入力したすべての抽出条件と一致する場合です
123 …「123」以外のレコードを抽出• 吹田市以外のすべての市の連絡先を表示します 詳細は、のページをご参考ください
null 値が含まれる または値が含まれない Is Null "単価" フィールドに値が入力されていないレコードが返されます "数値型"、"通貨型"、"オートナンバー型" のフィールドの抽出条件 次の例は、製品情報が保存されているテーブルに基づくクエリの "単価" フィールドのものです
関数の利用 抽出条件に関数を利用することもできます さらに「出身地」の「または」に「"新潟県"」と記入し、「知恵」の抽出条件に「14」と記入します
これはワイルドカード文字とも呼ばれます 残りの「郵便番号」「住所」「印刷要否」も同じように「選択したフィールド」に移動させましょう
「ワイルドカード」というのもです このほかにも、数字1文字を表すワイルドカード「 」や、何種類かの文字の集まりを表わす「[]」(角カッコ)などを使ってさまざまな条件で抽出を行うことができます
QRコードを読みこんで保存したい方は是非お読みください 次の操作を行います
今回は開いておきましょう 「出身地」列の「抽出条件」欄に「"東京都"」と記入し、「知恵」列の「または」欄(「抽出条件」欄の1段下)に「9」と記入します
38

正常に表示されました。

ご興味がある方はご連絡ください。

次に、抽出条件を初めて作成するにあたり、よく使われる抽出条件の例をいくつか示します。

なるべくたくさんご案内しますので、今回の内容は是非とも覚えてください。

Is Not Null 市の名前が空になっている ただし、NULL ではない 連絡先の名前を表示します。

Is Null フィールド値が null のレコードが表示されるフィールドの種類に適用できます。

国または地域の名前が China や Argentina のように "ina" で終わる連絡先を表示します。

4)曖昧検索 例えば、顧客名を検索したい場合に名前を完全に覚えていない場合などもあるかと思います。

この要求は多いですね。

抽出条件が一時的なものであったり頻繁に変更されたりする場合は、クエリ条件を頻繁に変更する代わりにクエリ結果をフィルタリングできます。