ユリウス リゼロ。 【リゼロ】ユリウス・ユークリウスを徹底解説!「最優の騎士」の能力と「暴食」との因縁

フリューゲルとも面識があるらしく、怠惰の魔女因子を取り込む際に許しを乞うている アーラム村の魔獣騒動の際は、他の子供と共に魔獣にさらわれ、1人だけ森の奥に引きずり込まれていた
『嫉妬の魔女』とサテラは別人格であるとされている そのため、本人は「」をしている
ユリウス・ユークリウスまとめ ユリウス・ユークリウスのプロフィール、幼少期、近衛騎士団入団からラインハルト、フェリス、アナスタシアとの出会い、「最優の騎士」としての能力、これまでのストーリーと残された謎、400年前の人物との関係についての考察をご紹介してきました それに同意しなかったプリステラ都市庁舎の人間を蠅に変貌させた
窮地を救ってくれたスバルに対して恩義を感じていると同時に、彼が万能でなく、人並みの心の弱さを持つ人間であることを理解しており、そんな彼を支えるべく対等な友人であろうと努めている 製作 (旧)プロデューサーのは、のインタビューに以下のように答えている
皇帝が連れ去られたとあり、ヴォラキア帝国からも次々と追手が差し向けられ、九神将「陸」グルービー・ガムレット、「捌」モグロ・ハガネ、「壱」セシルス・セグムントとの戦闘になります この際、ヴィンセントとマイクロトフの会話が「マグリッツァの断頭台」の一説に基づくものだと気付き、ヴィンセントにその知性を褒められました
性格は直情的で「憤怒」らしく感情的 性格としては 性善主義者な一面を持っており、厳格さの中にも 甘さや優しさを持ち合わせています
ストーリー 本編 第一章(文庫第1巻、アニメ第1話 - 第3話、Web小説「怒涛の一日目」) 帰りに突如、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年 ナツキ・スバルは、早々と命の危機に見舞われる 10歳の時にラインハルトと出会う ユリウスは10歳の時にラインハルトと出会っており、その当時既に完成されていたラインハルトを見て、騎士としての憧れを強く持つようになりました
エキドナは彼を励まし、状況を打開できず弱った彼に、彼の人生を観測する代わりに助言を与えるという契約を持ちかける また投げナイフも多く所持している
黒の短髪、平凡な顔立ち、筋肉質のがっちりした体格の持ち主である少年 非常に優秀な兄を持ち、兄によくされたこともあって重度のブラコン
9
角を失って以降は日常的にマナ不足による不調と苦痛に苛まれており、それがメイドとして十全に働くことが難しい理由の1つである 両親に報いる生き方への悩みをヨシュアに打ち明ける ユークリウス家は代々騎士を輩出しており、ユリウスも騎士になるための英才教育が施されていきます
発売元 メディア ダウンロード プレイ人数 1人 発売日 2021年1月28日 レイティング : C - プロジェクト ・・・ ポータル ・・・・ 『 Re:ゼロから始める異世界生活』(リ・ゼロからはじめるいせかいせいかつ、: Re: Life in a Different World from Zero , Re:Zero -Starting Life in Another World- )は、によるの しかし、ほかの魔女たちがエキドナは自らの知識欲を満たすため助言とは名ばかりの口八丁でスバルにループを繰り返させかねないことを示唆する
「」 第2期前半クールED 世界は自分に都合の良いようにできていると豪語するほどの凄まじい豪運の持ち主
食べるときは皮膚全体から食物を吸収することができる 実直、誠実な性格の才媛
亜人の一種である『鬼族』の生き残り 白鯨討伐を果たし、王都に帰還していた道中、突然現れた魔女教大罪司教『強欲』レグルス・コルニアスと『暴食』ライ・バテンカイトスに襲撃され、暴食の権能により名前と記憶を奪われてしまい、スバル以外の周囲からは存在を忘れられ、現在は抜け殻のような状態 のまま眠りについている
精霊は人間と契約を交わして力を貸すことがあるが、強力な精霊ほど契約内容は厳しく、契約できる人間は限られる 詳細は不明だが、世界を書き換える能力を持っている模様
ペトラ・レイテ 声 - 赤の混じった茶色い髪をした少女 スバルは繰り返したループの中で得た様々な情報の断片から、クルシュ陣営が白鯨の討伐を目論んでいることを看破し、前回のループで得た正確な白鯨の出現位置と時間を伝え、クルシュおよびアナスタシア陣営に討伐隊の派兵を要求し、交渉に成功する
ラインハルトよりも高い攻撃倍率を発動できるだけでなく、スキル発動に要するクールタイムが短いため敵の殲滅速度においても優秀なキャラであるためだ エミリアを含む村の人々を魔女教の脅威から救いだしたスバルは、エミリアに再び自身の行動の原理を問われ、自分の想いを告白する(このシーンでアニメは終了)
それを空から発見したロズワールが駆けつけ、魔獣たちを掃討する 『死に戻り』によってあるはずのなかった未来()を見ることができるスバルに興味を抱いており、彼と契約を交わして彼に助言者として情報を与える代わりにその人生を観測する契約を結ぼうとする
ラムより胸が大きい 当初は、将来は都で服を作る仕事をしたいと夢を抱いていたが、後にロズワール家のメイド見習いとなる
43

女性と見紛うような容姿と声色であり、服装も言葉遣いも女性のそれを好んで用いるが、れっきとした男性である。

平静時は至って物腰丁寧だが、戦いへの貪欲さは凄まじく、戦闘では剣鬼の名に相応しい苛烈さを見せる。

エミリア陣営とアナスタシア陣営は同盟は締結されていませんが、スバルとユリウスの間には、第3章を通じて確かな友情が芽生えました。

それぞれの大罪司教は『虚飾』の魔女であるパンドラが指名している。

ガーフィールにはその事実を伝えていない。

契約していた準精霊は『誘精の加護』の影響で彼の傍から離れようとはしないものの、名前を『喰われ』たことで契約は失われており、その力を行使することはできなくなってしまった。

20