福岡 ゆたか 中央 病院。 施設のご紹介

健康な部位を温存したまま病変部分のみを切除できるため、患者さんの身体的な負担が少ない治療を提供することが可能になりました
4階病棟 急性期から慢性期までの継続看護が学べる職場 4階病棟は、一番ベッド数が多い病棟です 患者さんの身体的な負担がより少ない鏡視下手術に積極的に取り組むことで、提供可能な医療水準の向上に努めています
使命をまっとうするには、まず経営の安定が大前提です 入院の際の説明も分かりやすく、祖母はご飯が美味しいと言ってました
先生の触診での診察の後にレントゲンとエコー検査を行いました 原監督は就任から5年で33年ぶりとなる箱根駅伝出場を実現し、2015年と2016年に2年連続の総合優勝
入院中の患者さまに安心・安全で感動して頂ける療養生活が提供できるようスタッフ一同、日々取り組んでいます 治療実績 病気別治療実績(DPCコードに基づく) 種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位 合計 手術あり 手術なし 福岡県 全国 眼科系疾患 327 327 - 13位 67 - 67 9位 耳鼻咽喉科系疾患 12 - 12 59位 18 - 18 61位 呼吸器系疾患 193 32 161 28位 121 - 121 53位 75 10 65 34位 18 - 18 35位 33 - 33 24位 12 - 12 11位 10 - 10 19位 循環器系疾患 42 - 42 65位 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 71 53 18 29位 51 36 15 52位 28 12 16 46位 51 26 25 27位 216 197 19 26位 35 - 35 35位 23 - 23 45位 10 - 10 50位 17 17 - 52位 32 32 - 48位 17 - 17 34位 21 - 21 64位 24 24 - 22位 25 25 - 55位 30 30 - 59位 35 - 35 45位 12 - 12 31位 筋骨格系疾患 14 - 14 19位 18 - 18 23位 17 - 17 9位 皮膚・皮下組織の疾患 10 10 - 1位 25位 乳房の疾患 37 17 20 36位 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 30 - 30 62位 外傷・熱傷・中毒 10 - 10 86位 11 11 - 69位. 駐車場 有料 210台 無料 8台 一般病床数 132床 結核病床数 30床. 外科 消化器や乳腺を中心として幅広い病気に対応しています
看護局のスローガンである「目配り、気配り、心配りし、先取りの看護」を実践できるよう、また「部門の壁を乗り越えて意見を交わせる職場作り」をモットーに、多職種によるチームワークで、安心で安全な入院生活が提供できるように昼夜問わず、全力で頑張っている病棟です このように当院では、地域密着型の病院として、内科や外科、消化器内科、呼吸器内科・呼吸器外科などを中心に地域の方々や患者さんに寄り添った医療の提供を行っています
特徴的なのは、手術室を併設していることです 外来 ママさん看護師に明るく笑顔の絶えない職場 外来は、内科、呼吸器科、循環器科、消化器科、神経内科、外科、整形外科、眼科、皮膚科の診療科があり、常勤・非常勤の医師32名で診療にあたっております
1972年に健康保険直方中央病院に改称したのちは、内科、外科の診療を中心とした地域の急性期病院として役割を果たしてきました これからも地域の方々が住み慣れた場所で少しでも長く快適に暮らすことができるような地域医療体制を構築していきたいと考えています
60
検診でお世話になりましたが、とてもキレイで清潔でした 2021年3月5日 福岡ゆたか中央病院院長 松本髙宏. 患者さんとスタッフの様子 松本髙宏先生からのメッセージ 地域の皆さんへ 当院は、地域の皆さんにとって近い存在であり続けられるよう、地域密着型の病院を目指していきます
経営学者のピーター・ドラッカー氏は「統制や命令による仕事では喜びは得られない」という言葉を残しています 職員は奮闘してくれていますし、一般病床の利用率は97%超と好調ですが、厳しさを実感しています
何か不安なことがある場合には、ぜひ当院にご相談ください 中・長期構想においては、「2018年の医療・介護報酬の同時改定」の内容が重要な関門になります
当院は一般病床132床、結核病床63床、計195床の中小病院ですので、地域包括ケアの中でも「医療の要」としての機能を果たすことが求められると考えています これからも、地域の方々や患者さんがこの住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、地域密着型の病院にある外科としての機能を高めていきたいと考えています
不安なことがある際には、ぜひ当院にご相談ください 高齢者はさまざまな疾患をもっておられるので、そういった方々を診ることができる総合医が必要となります
患者さんやご家族からの感謝の声も、私たちの大きな励みです 現在、感染拡大防止に努めております
スタッフは20歳代~50歳代の年代が勤務していて、明るく家庭的な雰囲気の病棟です JCHO移行により、建物とその付帯設備の減価償却費が約2億4千万円ほど追加されました
59 48