トーテム ポール。 「トーテムポール」とは一体何?学校の校庭に立っている理由

でも、その割には人懐っこいので、我が家に来る方々からは一番人気です。

南ブリティッシュコロンビア(およびその近くの大陸部)、およびアメリカ合衆国の ()(: Wakashan languages)と(: Salishan languages)を話すインディアン・先住民のトーテムポールは南の様式に属する。
世界地図を太平洋の真ん中にして2つに折ると、あらぴったり。 古くから墓柱と家柱、ハイダの社会には入口柱に彫刻を施す慣習があったが、現在知られているような大トーテムポールの歴史は新しく、19世紀中ごろから20世紀初頭に、社会的、経済的その他の理由で、大流行したものと考えられている。 オルカの上部に人間が見えているのは、海の怪物にさらわれた妻をシャチの背中に乗って捜しに行く夫、下に見えている顔がおそらく妻で怪物の腹を割いて妻を救い出す物語だといいます。 領域柱 Territory pole またウェルカムポールとは逆に、ここが部族の支配地域だと主張する領域柱というのもありました。 細井忠俊 「よみがえるトーテムポール」、『季刊民族学』1983年第23号、財団法人民族学振興会• トーテムポールは先祖から伝わる神話や伝説、戦い、婚姻 や 葬式 などその家の歴史などを、氏族との関係が深い動物や人の形に象徴的に表して、柱に刻んだ「家紋」 みたいなものです。
94 22