東京 陥没。 東京・調布の陥没問題 弁護団「住民の怒りは頂点に」(TOKYO MX)

NEXCO東日本は掘削ルートの真上にあたる狭い幅しかボーリング調査をしていませんから、もっとエリアを広げて東西150メートルにわたって調べたほうがいい。

かつて川が流れていた場所や、水道管からの水漏れなどで空洞ができることがあります。

NEXCO東日本側はボーリング調査範囲を広げ、希望する周辺住民を対象に家屋の損傷調査を行うという。

たとえば都心部においては、地下鉄などの地下トンネルを掘る場合は極力、幹線道路の下にルートが採られている。

ある住民は不満をぶちまける。

合併症 ・・・可能性が多いもの順に列挙してあります。

もし、トンネル工事で空洞ができて、それが原因で陥没したのであれば、地盤が空洞部分に向け、下に落ちるように動いたことになります。

24

術後の再発のリスクはありますか。

大深度法とは2001年に施行された法律で、大ざっぱに説明すれば 「大深度=地下40m以深」であれば、事業者は地上の地権者との「用地交渉も補償も不要」と定めた法律だ。

また、陥没乳頭形成術では再発することがあると言われています。

「もう地面の下はグシャグシャ。

音だけでなく振動も伝わってきました。

最終報告と再発防止策を受け、3事業者は4月2~7日に10回の住民説明会を開いた。

裁判の風向きは完全に原告側有利に変わった。

被告の国と東京都が言い逃れのできない事実が次々と出てきたからだ。

シールドマシンは17年に東名側、19年に大泉側を発進し、南北各トンネルで計4台が掘削しながら進んでいた。

4月9日、郷原弁護士は動いた。

また、再発を極力なくすためにも術後のケアが非常に重要となりますので、患者さんの協力も必要となります。

NEXCO東日本が陥没原因を突き止めるため周辺10か所でボーリング調査をしたところ、11月3日に穴の北約40メートル地点で地中空洞があるのを発見した。

「(陥没の一因となる)空洞が表層近くの地中にあらかじめあったのか、それともトンネル工事が原因で空洞ができたのか。

その第1回口頭弁論で原告のひとり、岡田光生さんは意見陳述で大深度法の無効化を訴えた(概要)。

外環道計画ルート(より)「フェーズが変わった」 11月24日。

NEXCO中日本総務課に筆者は電話を入れた。

によると、2001年に施行された「大深度地下使用法」に基づく工事での事故は初めてという。