退職 証明 書。 転職に必要な「退職証明書」とは、いったい何?

会社によっては入社後に行う試用期間が使用期間に含まれることもあります。

離職者による自己都合• この点は退職前に出す文書であっても、労働者に不利益とならない為に注意が必要です。

前職での経験を活かして再就職する場合などには、重要な項目です。

つまり発行元の違いです。

それぞれの違いをご紹介します。

労働基準法の「7日以内」の金品の返還などは、 退職金の場合には、 退職金規程などで「退職後1か月以内」などと定めておくことで、例外とすることができます。 この際、私的文書である退職証明書と離職票の表現が異なっても、問題はありません。 また、退職証明書は退職者からの申請があって初めて発行されますが、離職票は退職時の発行が法律で義務付けられています。 また、第22条第3項におきましては、「証明書には、労働者の請求しない事項を記入してはならない。 弁護士法人浅野総合法律事務所、弁護士の浅野です。 退職証明書は企業が発行する文書であるのに対し、離職票は国が公的機関を通して発行する公文書です。 退職証明書が必要となるケースについてご紹介します。
14