一式 中 戦車。 四式中戦車とは (ヨンシキチュウセンシャとは) [単語記事]

例えば、ソビエト赤軍T-28中戦車、T-35多砲塔重戦車、日本陸軍九一式重戦車・九五式重戦車などは、イギリス陸軍インディペンデント重戦車の形状が類似している。

世界各国の多砲塔戦車が、失敗、放棄されたことを思えば、重戦車は強力な大口径火力と重防御が理想だったことがわかる。

外部リンク [ ]• しかし国力の乏しい日本には強力な戦車を大量生産することは不可能だったため、製造コストの安い既存の車両に強力な対戦車能力を持たせることが模索された。

とはいえよくて漁礁化、悪くすれば汽朽ち果てている可性もあり、またの期に狙いで密かに引き揚げられてしまった可性もなくはない。

チホの開発はにした。

57』イカロス出版、24頁。

25日には寺尾が戦死した。

69
三式戦車は75㎜砲を備え推定160両が生産された。 T型の履帯が水に入るとそのままみづかきとなって航行する。 その一方でにこののを開発・運用する体制が構築できていなかったこともであり、良かれ悪しかれ大戦時のの両のを体現したであるといえよう。 機動性 後退する軍に対しては鈍足であり、追撃が困難であったため、を新規に開発することになった。 ノモンハン休戦交渉中の1939年9月1日、ドイツ軍がポーランド侵攻して第二次世界大戦が始まった。