座間 市 事件。 【閲覧注意】「座間アパート9人殺害事件」の隣人らしき人物の証言が怖すぎる / 事故物件サイト『大島てる』に投稿

被告人Sは仮に死刑判決を受けてもしない意向を表明していたが 、弁護人(主任弁護人:大森顕)は判決を不服として同月18日にへ控訴する手続きを取った。 の2017年11月1日時点におけるアーカイブ。 また、被告人Sの責任能力について検察官は冒頭陳述で「Sは一貫して目的にかなった行動をとっており、精神障害もなかった。 まるで『世にも奇妙な物語』などで描かれそうな話だが、これは事実。 の2020年9月14日時点におけるアーカイブ。 : 標的 自殺願望のあった若い女性 日付 (29年)8月-10月(に発覚) 概要 参照。 林田奈々、安達恒太郎「」『毎日新聞』毎日新聞社、2020年11月26日。 「」『日本経済新聞』日本経済新聞社(共同通信社)、2020年9月12日。 2020年11月15日閲覧。
87

管理会社の関係者が明かした。

その流れで、次回以降の差し入れに、彼女のほかの写真集を加えることが決まる。

これは、争点の判断の鍵となる各被害者の生前の言動を丁寧に検証するためとされている。

「それから、うちに来る前に、職場を自分から辞めさせてます。

「」『産経新聞』産業経済新聞社、2018年9月3日。

「」『産経ニュース』産業経済新聞社、2017年12月11日。

14