金魚 草。 【金魚草】スナップドラゴンと呼ぶ金魚草。しかし、姿は龍とは程遠いと思う

50 80

・南ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸部を原産地とする花 ・春の花とされているが、一般的には一年草 ・咲かせる花の色は、色とりどりでガーデニングにもおすすめ ・代表的な品種は「F1カリヨン」で、寒さに強い ・食用の品種もある ・つけられている花言葉は、 「清純な心」「図々しい」「図太い」「騒々しい」「推測ではやはりNOです」、 「でしゃばり」「おせっかい」「予知」 ・花言葉の由来は、口をパクパクさせている様に見えるその花姿が由来 ・金魚の様な花が重なり咲いているその姿が花名の由来 ・別名の「アンテリナム」はギリシア語の「鼻に似ている」が語源 ・「スナップドラゴン」は「かみつきドラゴン」の意味で、 花姿がドラゴンの口に似ていることが由来している という事でしたね。

準備するもの 金魚草の種は微細なため、採取するときにこぼれないよう、袋を用意しておきます。

挿し木でここまで成長しました! また個体によって鳴き声が異なる場合があり、言葉代わりになることもあるようである。

この時期よく言われるのが 「金魚草の株に突然ドクロが現れる」というものなのですが、私自身まだこのドクロを見たことがありません。

夏は特に水が乾きやすいので、こまめに水やりをするようにしましょう。

それまでに苗が育たなかったときは、暖かくなるまで植えつけを待ちます。

英語の花言葉 『graciousness(グラシャスネス)』意味は「上品さ・優雅さ」 『deception(デセプション)』意味は「誤魔化し」 などがあります。

そうすると再びワキから花茎が伸びてきて花が咲きます。

暖地・中間地では前年の秋冬に植え、冬を越して春夏に開花。

48