閉所 恐怖 症 と は。 閉所恐怖症の原因と治療・克服法

今回はこの「恐怖症(恐がり)」を意外な方法で克服する方法をご紹介したいと思います。 閉所恐怖症の症状例を紹介します。 もう一つの原因である精神的な要因は、心配性な方や、不安を感じやすいタイプの方が恐怖症になりやすいと言われていることと合致します。 大雑把な人は閉所恐怖症になりにくいと言われています。 怖がりの原因 怖がりは性格ではありません。 薬も、服用してから電車に乗ることから始めて、飲まずにポケットに入れて乗るなど、恐怖心を感じなくなるまでの段階をつけることができます。 私は極度の対人恐怖症で、人ごみに出ることを考えただけで体が震え、 電車にも乗れず、勤めに出ることを諦めていました。 完璧を求めて全てを自分でコントロールしたいと感じたり、神経質で、細かいことまで把握することが習慣となっているなら、危険と判断するレーザーが敏感に働きすぎてしまいます。

しかも、薬も器具も電気も必要ありません。

症状は人それぞれ 幾つかの閉所恐怖症によって引き起こされる症状を見てきましたが、どの症状がでるか、またどれほどの頻度で起こるか、さらにはどれほどのレベルになるかは人それぞれです。

ですからこれから、閉所恐怖症の治療はどのようなものなのか、そもそも治療法はあるのか、完治することは可能なのかを見ていきたいと思います。

ただし、右肩上がりに良くなるものではなく、失敗や後退を繰り返しながら良くなったり、時間をかけて少しずつ良くなるというものです。

生活に必要な行動に支障をきたしており、この場合は閉所恐怖症に該当するようになります。

しかし中には何の原因もないのに発症してしまう症例もあります。

それがトラウマとなり、大人になっても狭い場所や暗い場所で、恐怖を感じてしまう閉所恐怖症となってしまうのです。

痛くないということは神経に当たっていない、神経に当たっていないということは脳からの指令が邪魔されていない、つまり脳の思い通りにコントロールできるから恐怖に打ち勝つホルモンが分泌され、恐怖心がなくなるという原理です。

10