是非 も なし と は。 本能寺の変 信長の「是非も無し・・・」とはどんな意味?

是非もなしの類語 「是非もなし」の類語としては、次のようなものが考えられます。

信長の死生観を考慮し、この時点で諦め、死を覚悟したのであれば弓や鎗を持たず、すぐに女性陣を追い出し 逃がし 、火を放ち、切腹したはずです。 じたばたしたり、見苦しいことはせず、武人として力を尽くして死のうという気持ちかな。 詳細は以下を参照。 ビジネスでの「是非もなし」は「仕方がない」「意味がない」 ビジネスで「是非もなし」と使われる場合は、「 仕方がない」「 意味がない」といった意味で使用されることが多いです。 日本の死者が少ない理由が不明なままでは他国へのモデルとはならないため、今後の検証が必要である。 光秀の意志が家康に引き継がれ、のちに戦の無い平和な世がくる。 けれど光秀は、今すぐ家康のもとへ戻り、家康とともに三河へ帰ったほうがいいと言い聞かせます。 本能寺の変に至るまでの十兵衛/光秀と信長の関係の変化、最高でした。 堺にいる徳川家康(風間俊介)から、光秀を守るよう命じられたという。
82 12