シャドー ル デッキ レシピ。 【シャドール デッキ 2021】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

現在は金満で謙虚な壺の登場により、そちらの採用もよく見られますね 《隣の芝刈り》の採用は、シャドールが効果で墓地へ送られた際に効果を発動できることからも、かなり理にかなった構築だと思います。

エクストラゾーンの置物をバウンスする役割は減りつつありますが、フリーではよく見かける破壊耐性アストラムを最小限の消費で飛ばせるのは強い。

(多少はアプカローネで対抗できますが、消費が激しすぎます) 二つ目、融合ができないと、モンスターをセット、ターンエンドです。 自分はデッキから1枚ドローする。 新規を使った感想はこちら• 1 :このカードがリバースした場合に発動できる。 やっぱり打点で戦わないと難しいサンドラ等にはネフィリムや破壊ではないシャドール・ドラゴンのバウンスなどを使用したりすることでケアしたり、超融合で吸ったり・・・属性で解決できる事も多いので環境で戦う場合は相手の属性をメインに添えていきたいですね」 「新規でシャドールデッキでの変更点としては、上記で紹介したウェンディの展開をメインに添える事が出来るのが変わった点ですわね。 シャドールモンスターの特性上、その効果を使うには彼らを効果で墓地に送ってあげなければなりません。 影依融合3• 1枚入ったままなのは抹殺を採用していた時の名残ですね。 、、除外からしたウェンディでカオスソルジャーをリンク召喚というパターンもできます。 という効果に変更されていて、シャドールデッキでの動きで合わせると・・・• 《ライトロード・ビースト ウォルフ》 チューナー+チューナー以外の光属性をシンクロ素材に指定したレベル7【ライトロード】シンクロモンスター。 シャドールの効果が結構大事で初動や後半のアド取りまで全ての動きの基本になります。
61
一方でシャドールでの役割は少し異なります に限らずですが、墓地へ送るタイミングがプレイヤーの強さの基準となりそうです
シャドールの本来の動きに加えて、《》の特徴から「デッキからカードを墓地へ送る手段」として活用されており、その動きから後攻で動く場合は各種融合へ 過去に個人で遊戯王ブログを運営していたこともあり、常に最新の情報を収集し、ガチまとめコンテンツをどんどん充実させていっている
出さない場合は召喚条件的に出しづらく、出番はありません なんだかんだ今もめちゃくちゃ強いと思います
アクセスコード• クロシープは• 2 :このカードが効果で墓地へ送られた場合、 フィールドのモンスター1体を対象として発動できる とはいえ、止められた際のデメリットが大きく、《 次元障壁》や《 王宮の勅命》がかなり重いため環境で見ることは少ないです
10枚も積んでいるため、だいたい一枚は引けます モンスター 3体はリバース効果である都合上一度セットしなければいけませんが、 「影光の聖選士」の 2つ目の効果や事前にセットしておいた 「堕ち影の蠢き」に 「サブテラーの継承」等と併せればセットしたターンに表側表示にすることでリバース効果を使った展開が可能です
82 4