ある日お姫様になってしまった件について 英語版。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話のあらすじと感想!ネタバレ有り

そんなフィリックスに、あなたが居るだけで励みになるとアタナシアは言いました。

「お前が皇帝だって?」 頬杖つくルーカス。

クロードのうっかりにニコニコ笑うアタナシア。

「リリー、フィリックス。

大海原に落ちる一粒の雫のようなもの。

クロードは仕事中だったので、ソファに座り大人しく待つアタナシア。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話の感想 クロードに愛されていないと思って、なんていじらしく可愛そうなアタナシア、と二人に勘違いさせてしまい、なんとか取り繕えた彼女。

陛下が危篤との噂が流れています。

ジェニットを匿った善人ではなく、利用しようと匿っていた強かな人物のようです。

41 82