コートニー ハド ウィン。 コートニー・ハドウィンがオリジナルソングを引っ提げて帰ってきた!【AGT Champions】

「私はクライヴ・デイヴィスでなく、君とレコード契約は結べない」。 人と話したり、友達を作るのが苦手だというコートニー・ハドウィン。 お誕生日:2004年(14歳)• 最初はあんなに恥ずかしがり屋だったのに。 誰しもその力を持ってる。 私ホーウィーはここで明らかにする同時に「彼女は自分のリーグにいる(チームの中にいる)」と付け加えた。 また、同じく審査員の サイモン・コーウェルは、 彼女の敗退はショックだったが、 ジェニファー・ハドソンや ワン・ダイレクションの敗退を例にあげて、 勝たなかったアーティストの中にはその後に大活躍していることを語ったそうです。 そのファイナリストとしてイギリスでは知られ、ゴールデンブザーのニュースはイギリス各メディアでも伝えられます。 」 Hadwinは2016年6月に地元レベルで名を上げました。
おそらく学校の2年生で、彼女の好きな科目は音楽です 実は、このオーティスレディングの「Hard to Handle」は、コートニーが吠えるように歌った曲とは、まるで異なる曲
より良い翻訳へ編集?大歓迎!むしろありがとう!) シーズン13の顔になった彼女ですが、最終順位は6位でフィニッシュ 先日無性にハードロックが聴きたくなったので、以前YouTubeで見たことのあるAGT(アメリカズ・ゴット・タレント)の予選で歌うコートニー・ハドウィンを検索してみた
「学校では、人々はあなたを笑います」と彼女は言った だからレコード契約してあげることはできない
「かつては本当のマイニングコミュニティでしたが、村にはそれほど多くありません クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)のドキュメンタリーを観ていたら知っていると思うが」、「(当時コロムビア・レコードの音楽エグゼクティブだった)彼はモントレー・ポップ・フェスティバルに行った時、誰も見たことがないその若い女性を目にしたんだ」、「その時ジャニス・ジョプリンは初めてメジャー・レコード契約を結び、それが彼女の人生を変えた」
「なんてことだ、コートニー」と審査員 サイモン・コーウェル(Simon Cowell) デイリーメール
行くぞ、女の子!. 理由は、彼女の才能は、誰もが絶賛するほどであり、彼女以外の敵はいないほど 国籍:イギリス人 コートニーハドウィンのボーイフレンドと両親 多くの人々は、AGTで彼女の金色のブザーを獲得したパフォーマンスを見た後、この風変わりなティーンエイジャーの名前を見出しに入れました
昨年12月にはサイモン・コーウェル(Simon Cowell)のレーベルSyco Music及びアリスタ・レコード(Arista Records)とのレコード契約を発表() 彼女のスティント中にさらにトローリングが行われました アメリカの得た才能、しかし、少なくともそのすべては、彼女の学校で行われた陰とは異なり、インターネットに限定されていました
「しかし、私は彼女に幸せになってほしいだけです
これまでにゴールデンブザーを獲得しているのは、「Auditions Week 1」放送回(現地時間5月29日)でオーストリア出身ダンス・グループの ズーカロー(Zurcaroh) コートニーはまだアメリカのプラットフォームで大きくなる寸前であり、それからまだ大金を稼いでいません
32
これはコートニーの始まりに過ぎないと確信していた ゴールデンブザーに歓喜と涙のコートニー・ハドウィンは、舞台袖で応援していた父と抱き合い、「 本当にありがとう、本当にありがとう」
これが励みになっています! いつもブログを読んで、ポチッと応援して頂いているみなさんに心から感謝申し上げます 先月より シーズン13の放送を開始し、今週の放送回 「Auditions Week 3」(現地時間6月12日)で一夜にしてセンセーションを巻き起こしたのは、イングランド北東部ダラムの小さな田舎町からやってきた、13歳少女 コートニー・ハドウィン(Courtney Hadwin)
19歳の今後の活躍が楽しみですね 」 いくつか アメリカの得た才能 視聴者は、ハドウィンがファイナリストであったことを発見したとき、満足していませんでした ボイスキッズ 英国 2017年
「私のように歌う人々には慣れていません 彼女はホーウィーマンデルのゴールデンブザーです!• だからもう楽しい世界に目を向けよう
「誰かが私を止めて「よくやった」と言わずに学校の廊下を歩くことができませんでした」と彼女は言いました クロニクルライブ 当時の 自分のダメな部分を直そうと日々苦しんでる存在ではない
そして、 2018年11月2日から4日まで、勝者と共に、パリホテルアンドカジノで5つのライブショーのためラスベガスへ 自由に生きて貰っては困るから
「私はアメリカに住みたい」と歌手は言った 私はクライヴ・デイヴィスじゃない