ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿。 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿12話感想・考察・解説!事件の真相【アニメ】

故郷では同年代の子供がいなかった事もあり、臆病で人見知りな性格をしている。

城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。

家庭教師のトリシャと共に「魔眼蒐集列車」に乗車し、魔眼オークションに参加する 撮影監督 - 加藤友宜• 「ブラックモアの墓地」の墓守
CV: 時計塔のロードの一人 魔眼蒐集列車」より登場
「冠位決議」と同じ頃に冬木市で行われたにアーチャーのマスターとして参加していた フリューガー - 松田慎也• ある意味彼も被害者の一人ですからね…
アニメ版では魔眼蒐集列車には乗車せず、獅子劫とルヴィアにある情報を提供する そこから起きた事件を、エルメロイII世は持ち前の分析能力で解決の糸口を見つけ、内弟子の グレイやエルメロイ教室の弟子たち、知り合った魔術師たちの力を借りて謎に満ちた事件を解決していく
またその巻末で続編となる「 」が新シリーズとして刊行される事が決定された 躍起になって、何かしようとしてたzeroからみると、今のウェイバー君のもどかしさがよく分かる
ブラックモアの名を継ぐ一族 神経質さが災いして、眉間には常に深いしわが刻まれている
ゲスト一覧 回数 ゲスト名 役名 1回 2回・3回 4回・5回 6回~8回・11回~12回 無し --- 9回 10回 ED曲『雲雀』の歌手 13回 最終回 舞台 2019年4月27日、が決定した 聖堂教会が恐れていた、ブラックモアの墓地の秘密とは
魔術師としての能力は高いが、「根源に至る」という魔術師としての前提目的を嘲っており、結局は欲得に塗れた闘争にあけくれている魔術社会を斜にみている節がある CV: 時計塔の一級講師で降霊科の重鎮
34 66

義兄のためと称して無理難題をたびたび持ち込んでおり、そのように彼女が持ち込んだり、巻き込まれた案件から物語が始まることもある。

どこまでが自分のもので、どこからがアルトリアの顔になったのかは、もはや彼女自身にも分かっていない。

「飛鉢法」や「烏とび」などの修験道の験力を使う。

後に残されていたのは異名極まる魔眼オークション会場「魔眼蒐集列車」への招待状。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト Kayneth El-Melloi Archibald 声 - エルメロイの先代当主。

25