ワールド トリガー 194。 【ネタバレ感想】ワールドトリガー 第194話・第195話

458• rar, 漫画、無料で読め, 無料漫画 マンガ 読む, 漫画スキャン王, manga1001, mangapro, mangapro. 105• 玉狛は遠征選抜まであと二点とB級一位の二宮隊の勝負。

遊真のスコーピオン投げと修のレイガストのスラスター投げ。

ヒュースの変化弾隠し玉が強烈すぎて、誰も修が同じ手を隠し持っているとは思い至らなかった。

120• ワールドトリガー193話のネタバレ 二宮の技術 弓場が戦闘体活動限界となりベイルアウトとなる。

本当によくやったなぁと、 解説席にいながらも涙目でガッツポーズする小南先輩と同じくらい嬉しい気持ちになっちゃいました。

しかしこれも犬飼にガードされた。

最後までお読み頂きありがとうございました!. マジで これまでの戦いの全てをしっかりと活かし、各自の成長をしっかりと描いた上での完璧な勝利。

マジで 素晴らしすぎる最高にカタルシスを感じさせる回でした!! おめでとう玉狛第二!!! 次回の解説が楽しみ過ぎる!!! という事で今回はここまで。

85

千佳と遊真が位置についたのを確認すると、三雲は「行くぞ、最後の勝負だ」と伝えていく。

「三雲くんはもうトリオンがカツカツでしょ。

みんなに弱いと思われていること、それ自体を逆手に取って強みにすることができる。

ゾエさんのはアサルトライフルというよりLMGの形だよね。

王子が「A級のころは「火力でゴリ押し」って感じでそれでももちろん強かったけど、殊にチーム戦においてはB級に落ちた今の二宮さんのほうがずっと手強いってぼくは思うね」と言うと、蔵内は「まあさすがに、いきなり二宮隊長みたいな使い方は難しいので、ハウンドを使う人たちはまず「状況ごとの適切な追尾設定」を考えてみるといいと思います」「さっき言った「追尾性能MAXの弾」もトリオンで大きく勝っていれば相手のシールドを破れる場合もありますからね」と解説していく。

玉狛支部では、パーティが開かれました。

三雲隊のこれからが楽しみです。

あとまあ盾つけると視界がわるくなったり取り回しが悪くなったりで、状況に応じて好きなところに張れるシールド程のメリットはなさそう。

88