ハンター ハンター クラピカ 性別。 ハンターハンターでクラピカの性別は男か女かを考察

この時点での念能力は、独学であった為か纏のみの習得に留まっていた。
様々な薬品を使って罠を仕掛ける他、身を守るため帽子に蜂を潜ませていて、彼女に危険が迫ると出てくる。 索敵や機器を用いない遠距離通信、また心音から心理状態を把握したり、足音から身体的特徴を識別するなど、様々な分析が可能になる。 アニメ版では新旧共にポンズとの同行が描かれていた。 第四次試験でギタラクルを狙っていたが、返り討ちにされて死亡、プレートを奪われる(その後、プレートはヒソカに渡る)。 本作の原作者を象徴する犬のお面を被っていたため、素顔は不明。 蝿の仕事(サイレントワーカー) レーダーを具現化し、自分が使役する蝿の位置を示す具現化能力。 パイナップルのようなモヒカン頭と大きな眼鏡がトレードマークの小柄な男。 でも実は冨樫義博先生も女性の「オレ」キャラは作っていました。 原作者は恐らく意図的にクラピカの一人称を変えており、性別を分からなくしていると考えられています。 スポンサーリンク 旧アニメ版では胸のふくらみが確認されていた! 旧アニメのハンター試験の際のクラピカを見てみると、しっかりとした胸のふくらみが確認されています! すごく発達した胸筋と考えることも出来るのですが、クラピカの体形を考えると胸筋とみるのは難しい気がしますね! 振る舞いがまるで女性を感じさせる 旧アニメの中で、クラピカは、大きく広げてしまった股を閉じようとする仕草が、ありました。
58 75
クライムハンターとしての勘からパリストンを「怪者(けもの)」「闇側の人間」として危険視している。 原作やアニメ版両作のいずれも自分の足で歩いた描写はない(ただし、第1作では規制の都合で洗礼が体にそれほど影響を与えていない設定で、乗り物も異なる)。 その一方で、幻影旅団の襲撃の際には、2000人近いマフィア組員を物量だけで戦力差を理解せず全滅させるという大失態を犯した。 真面目な性格で、語尾に「〜ッス」を付けるのが特徴的。 バーボン 声 - 竹本英史(第1作) 受験番号103番。
2