急性 膀胱炎 生理 遅れる。 膀胱(ぼうこう)炎の特徴と治療法(急性膀胱炎、慢性膀胱炎、間質性膀胱炎)

免疫力が低下する 妊娠中は、自律神経やホルモンバランスが乱れやすい状態になっています。

妊娠したいのでしょうか? 妊娠を希望されていないのなら、基礎体温を測る、避妊具を使用するなどは最低限、自分を守りましょう。

31

急性膀胱炎の治療には、ニューキノロン系とセフェム系の抗生物質(抗菌薬)が使われます。

雑菌が尿で排出されます。

膀胱炎は、尿をためて排出する膀胱に炎症が起こる病気で、いくつかのタイプがあります。

通常は抗生物質を数日服用すると治るため、簡単に考えられがちですが、細菌が腎臓に逆流して腎盂腎炎を起こすことや、膀胱がんのために似たような症状を起こすこともあります。

膀胱炎は「慣れ」と「慢性化」に注意 症状が軽い場合は、トイレを我慢することに慣れてしまったり、あまり痛みを感じなくなったりしてしまいます。

初期の段階で治療を受ければ体への負担も少なく済みます。

治療には抗生物質・抗菌薬の内服 膀胱炎の原因となる細菌は、8割以上が大腸菌です。

その原因として、以下のようなことが挙げられます。

しかし、ストレスや疲労、体調不良などを抱え、抵抗力が落ちているときは要注意。