ガルシア マルケス。 interrupciones.net: 予告された殺人の記録 (æ

" During this time he became an active member of the informal group of writers and journalists known as the , an association that provided great motivation and inspiration for his literary career. 他12篇 高見英一、桑名一博、井上義一/訳 敵視と中傷にさらされたまま、男は死んだ。

速読術はお勧めしないけれど、このルールをマスターし、体感すれば、いくらでも速く読めるはずである。

かつて着手しはじめた『目次録』などは何人もの諸君の助力を得ながら、放置したままになっている。

「世界は最も偉大な幻想文学の作家の1人を失った」• 新装版 新潮社「新潮 現代世界の文学」、1987年• これは方言というより、生きた「土地語」です。

同じ読書姿勢を続けにくいのも要因でしょうけれど(すぐ背中が痛くなる)、こういう認知曲線に少しでも狂いが出てくると、内角低めのボールに手が出にくくなったり、バックハンドの打ち損じが出たりするのと同様で、いろいろな「読みの不如意」が出てくるのですね。

1992,• さらには、人生という日々の奇蹟 死してなおマコンドに君臨する太母も
彼の家もそうで、中に入ると、広いリビングルームに通されました このコロンビア国立大学法学部時代、同級生だったと親友となり、カミロ・トーレスはガルシア=マルケスの二男に洗礼を授けるなど以後長く交友を続けた
コミュニティで流行っていた近親婚の影響により奇形児が生まれる事件が続出したことで、ウルスラは近親婚を家訓で禁止します 1998• 2009 自伝 生きて、語り伝える(旦敬介訳 2009年) 評価と頌辞 [ ] でサインをするガルシア・マルケス• あの人の存在自体が失われたわけではないから
同年7月7日、ガルシア・マルケスの弟が「兄が電話で基本的なことを何度も尋ねてくる」などと語り、家族として初めてガルシア・マルケスが認知症を患い、記憶障害に陥っていることを公言したと報じられた マコンドで発生したフランス人医師の自殺を軸に、村の人々の愛憎を、三世代の人間の独白で描く中編小説
訳者である野谷文昭のあとがきによると、ガルシア=マルケスはこの作品を自分の最高作と呼んでいるそうです さらには、人生という日々の奇蹟
当時の町長が提案した町名「アラカタカ・マコンド」への変更への是非を問う住民投票が2006年6月25日に実施されたが、住民の関心が高くなかったのか投票率が伸び悩み、投票者の大多数は賛成したものの、町名変更に必要な絶対票数には届かず、町名変更案は否決される形で終わった
And as soon as they were married, they were no longer interesting as literary figures. メキシコシティの自宅前にはファンが相次いで花を供え、4月21日には追悼式が行われた 本作を主に、ガルシア=マルケスはにを受賞した
この著者(立命館の医療社会学者)は2007年の『〈病〉のスペクタクル』(人文書院)で抜群の洞察力を示していたが、今回も渋くてすばらしかった その揺れ動く心を多くの物を見てきた老人の物哀しい文体によって書かれているので、非常に美しい作品となっています
7