橋 幸夫 の 歌。 子連れ狼 (曲)

特にでは子供までもがサーフィンのリズムで踊っているのを見て、吉田は「間もなく日本にもそういう時代が来る」と直感 、ここから、楽曲制作がはじまった。

監督 ()の挿入歌として使われた• 東京えれじい 作詞:、作曲:、編曲:若草恵• 『元祖!リズム歌謡』(2005年6月29日)VICL-61686• 巻頭カラーグラビア 爆発する新しい魅力 歌詞紹介(2曲) 幸ちゃんとの会話 歌詞紹介(2曲) 幸ちゃん民謡を吹き込む 映画紹介「21才を賭けた『孤独』」 グラビア 歌詞紹介(2曲) すばらしいステージ 橋幸夫ポケットメモ カバー [ ] 台湾 [ ] 一吻定情(訳詞:李潔心)•。

(1966年、大中華レコードより DCH Records 発売)• 同じく1972年公開の映画『』の劇中で少女合唱によるコーラス版が挿入された 主な内容は以下のとおりで、片面ソノシートが3枚付属している
橋は、リズム歌謡は「曲だけでなく詩も新鮮でした フィヨルド 作詞:、作曲: B面• 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 忘れらりょうか別れの日 別れ夜汽車は汽笛さえ これで喧嘩はあのすみやした 港だヨー港だヨー明日を呼ぶ あなたを連れて旅に出たい スイムスイムスイムスイムで 俺がやらなきゃ誰がやる およばぬことと諦めました 雨が小粒の真珠なら いい子でもありいけない子でも 水戸を離れて東へ三里 酒でその身を洗うのならば 潮来の伊太郎ちょっと見なれば 筑波山さえ男体女体 腕の刺青一心如鏡どきな 見上げる空雲は晴れてお日さま いくつかの悩み越えてきて 暗い浮世のこの裏町を あれが噂の金四郎若い娘が 冷たい雨が降る朝に こいつを歌うと泣けるのさ 月も朧に白魚舟の 赤い夕陽は砂漠の果てに 女ざかりは華ざかり 涙も清くより添いし あなたを見ていたら 今更しがねえ渡り鳥 波の背の背に揺られて揺れて 風に吹かれてやって来た 風たちぬガラス窓の向うに 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し やくざ渡世の白無垢鉄火 歩き続けて人の暮れ 二人の好きな白い花 星よりもなおはるかなる 白い白い雪より白い 川の流れにせつない影を すねてなったか性分なのか 旅に出ろ出ろ男になれと 富士は白雪この雪化粧 Bonjour Hi Hi 迎えにきたよ どうして僕達いけないの 本気だぜ好きなのさ メキシカンロックゴーゴー 焔のように燃えようよ くにを出てからご無沙汰ばかり この土手道は自転車を 男は灯りを心にともし女は 若いいのちは誰でもおなじ 信州佐久の鯉太郎 さわらびの丘におれはひとりで 光輝く夢サンサンシャイン 春とはいっても堀割寒く 湖くらくなに泣く風か 南十字は燃えたとて Hop Step キックして 振り返るとこのマイクと 航空便ですず蘭をもらった すっ飛びすっ飛びすっ飛び おれは河原の枯れすすき ああむき出しで取組むだけさ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 山は湖抱いている 握りしめてる剣ひとふりに 月が出た出た月が出た 人が輪になる輪が花になる 想いあふれて花摘めば 忘れちゃいなと風が吹く 小夜の中山峠を越えて 国をば憂う長州の足音響く きらりはらりと舞い降りた おまえ一人か連れ衆はないか ある日ある夕父さまの 春まだ浅き大地の果て ハアー踊り踊るならチョイト いやよいやなの離れては 君とボクとは東北好きよ 中山七里のお地蔵さんに 佐渡が呼ぶのか 紅いマフラーをいつまで振って 葦の葉かげによしきり鳴いて 啼くな小鳩よ心の妻よ 銀の十字架を胸にかけ ああ美し国祖国日本 ハーアーアーアアまもなく 深き夜空に花火が咲けば お前が二十才になったら 会津若松鶴が城 泣いているのか辛いじゃないか 可愛いあの娘はまっ赤な花火 いつと限らず思い出す人 美しい人君を誰より慕う僕の 過去を指したまま時間はとまり 腕にすがって可愛いじゃないか 故郷を遠く離れて暮らしても 花のかんざし重たげに 水面に浮かぶ春の富士 あきらめましょうと 霧氷霧氷思い出はかえらない 春の花を胸にセニョリータ 妻よここまで生きてこられたのは 弧を描く空風は緩やかにうねり ハーアーアーソレソレソレ もしもこの歌で何かが あっそれあっそれゆるキャラ 若いやつなら胸を張れ 名残りつきないはてしない. 劇画『』のイメージソングとして発表された
特徴的な「A・I・E・O」について橋は、「詩が先にあった」と証言しており 、吉田がメロディの概要を佐伯に聞かせ、佐伯の詩ができあがってから吉田が最終的に楽曲に仕上げた 1972年公開の映画『』の劇中でインストゥルメンタル版が挿入された
その他、特別賞、郵政大臣賞、特別賞、全国民放ラジオ局歌謡ベストテン特別賞を受賞している 解説 [ ]• 本アルバムはこの1作目にあたる
は『子連れ狼』原作者の、は 『橋幸夫 ザ・ベスト』(2012年7月25日) VICL-63901• ナレーション(絆) 作曲:、編曲:• 女ざかりは 華ざかり 男ざかりは 働きざかり 人生本番 まっさかり このまま 終わらない ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 男の出逢い 男の我慢 男の勇気 男の感謝 男のドラマは いろいろあるが 汗ふく笑顔に 艶が出る 浮き世なさけは 徒なさけ 男なさけは ほろ酔いなさけ 人生時々 薄なさけ 噂の風も吹く ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 心が躍る 心が沈む 心がゆれる 心が燃える 男はロマンを 捨てない限り 恐れることなど 何もない ピッカピッカの バリバリ バーリバーリの ピカピカ 涙は熱い 涙は辛い 涙は力 涙は門出 男のピンチは 明日へのチャンス 希望の扉を たたくのさ. 収録曲 [ ]• 『別冊近代映画』1965年91臨時増刊号 通巻152号 115頁• 『橋幸夫ベストヒット』(2015年7月10日)BHST153• また本曲は「 ()」など、、、でも現地の歌手によってが発表された
その他 関連作品 [ ] 映画「孤独」 [ ]• 翌年7月末までの1年間でのセールスは87万枚に達し 、『平凡』『明星』とも連続4ヶ月1位を獲得、この年の「」で橋は本楽曲を歌唱している 橋は、恩師の吉田について「絶えず新しい楽器ものを探していたわけで. 子連れ狼• オリコンの発足により『平凡』『明星』のランキングは1971年には終了するが、連続4ヶ月にわたり月間1位を獲得した楽曲は本楽曲のみである
このため芸能生活25周年を記念して、よりオリジナルアルバムシリーズが企画された 楽曲制作のきっかけは、恩師の吉田が、36年に、37年には米国の音楽事情の視察に出張し、サーフィンのリズムやエレキサウンドに触れたことである
50

1976年、テレビドラマ『』第3部の主題歌となった。

蔡依林• ()(1968年発売)GS風アレンジ。

橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』前掲 50頁• この作品はオリコンチャートで6週間(2週と4週連続)10位にランクされるなど、ロングセラーとなった。

特に台湾では時代の、 ()、近年では 、によりカヴァーされている。

作詞:、作曲・編曲:• 『橋幸夫ベスト~盆ダンス~』(2005年11月23日)VICL-61820• その他 関連項目 [ ]• 赤坂セレナーデ 作詞:星野哲郎、作曲:吉田正• 橋は本楽曲での・大衆賞を受賞した。

A面とは対照的な曲調である。

本作を主題歌とする『孤独』(松竹大船)が橋幸夫、桑野みゆき主演で制作され、1964年8月1日に公開された。

シリーズ第1作であるため、冒頭にナレーションで橋の挨拶が入っている。

作詞家、作曲家、編曲家は恩師吉田正をはじめ、ビクター時代からの関係者に加え、今回初めて共演する作家もおりバラエティに富んでいる。

流れる 作詞:、作曲:、編曲:竜崎孝路• ここからテケテケテケ(エレキサウンド)が始まった」 としている。

39